バイナリーオプション講座

エリオット波動論とは

エリオット波動論とは
参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

相場・経済の周期を捉えよう ~サイクル理論~

FX

相場・経済の周期を捉えよう ~サイクル理論~

相場・経済の周期って?

つまり 行き過ぎたものはいつかは必ず崩壊する(戻る)タイミングがある ということが分かると思います。これは相場でも経済でも同じです。

為替相場における「サイクル理論」とは?

相場には「山」と「谷」があり、一定期間で価格変動が繰り返されますが、これを相場サイクルといいます。FX相場の安値から安値を1つのサイクルとして捉え、そのサイクルが周期的に一定の間隔で繰り返し起こるとする考えで、次の転換点を探るための理論であり、 約80%の確率で発生する とされています。

サイクルのタイプと傾向 ~フラクタル構造を理解しよう~

サイクル理論の最大の特徴としては 「平均周期」が既に決まっている ことです。

と定義されており、「オーブ」と呼ばれる許容範囲・誤差・延長の±1/6を加味すれば エリオット波動論とは 8割 がこのサイクルに当てはまるとされています。

高値を超えるか安値を割るかのトレンド想定が一目瞭然!? サイクル理論のルール ~ライトトレンスレーションとレフトトレンスレーション~

トランスレーション(転換)とは、サイクルのトップ(天井)をつけたタイミングが、そのサイクル周期の中で早い段階でつけたのか、遅い段階でつけたのかによって、次のトレンドの予測を立てていくというものです。トレンド転換点はサイクル周期の「センターライン」で判断し、トップ(天井)をつけたタイミングが センターラインの左側(レフトトランスレーション) なのか、 右側(ライトトランスレーション) なのかで、トレンドを判断します。トランスレーションルールは以下の通りです。

センタージャッジ目安

ドル円・ユーロ円・ポンド円の周期を実際のチャートで見てみよう

サイクル理論の効果的検証方法 ~GMOクリック証券~

このサイトでも検証用として使用していますが、サイクル理論の検証にはGMOクリック証券 の「 GMOクリックFX ~iClickFXneo+~ 」と「 PRIMEアプリS 」が最適です。

GMOクリックFX ~iClickFXneo+~

1マス=ローソク足10本 となっているので本数カウントが一目瞭然

PRIMEアプリS

◯相場環境に合わせて 自動でフィボナッチ数(23.6% / 38.2% / 61.8%)を計算 し、レート表示するので、押し目・調整戻りの目安ラインが一目瞭然

分析と勘によるFX/トレードマニュアル

画像1

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

参考:https://www.gaitameonline.com/academy_chart13.jsp

波動の特定方法

あとで詳しく解説していきますが、そもそも推進波は5波構成・修正波は3波構成というのは、原則であって例外があります。

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

では、その基準とは何かというと、ズバリ「オシレーター」です。(私はRCIを使います)

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

考え方としては「原則と例外を作る」ことです。

エリオット波動論の基礎知識

推進波と修正波について

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

ですから「原則として、修正波は5波構成(修正波は3波構成)だけど、例外がある」というように考えるようにしましょう。

推進波はトレンドを細かく分析したもの

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

エクステンション(波の延長)

参考:https:エリオット波動論とは //www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

そういった実際の相場の動きに対して例外ルールが設けられることがエリオット波動論ではあります。

この違いは「トレンド(推進波)なのか?そうではない(修正波のパターン)なのか?」です。

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

(上図:トレンド) (下図:トレンドもどき)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

修正波では「パターン分析」ができる

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

フラクタルについて

参考:https:エリオット波動論とは //www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

フラクタルはエリオット波動論を理解する上で1つの壁になりやすいのですが、実際はこのような綺麗なフラクタルを描くことはないということです。

期間の異なるRCIを比較する

複数の時間軸を確認する

(DAY) (1H)

(4H) (30M)

青四角について

ズバリ青四角は見ているチャートの時間軸よりも「小さいサイクルの修正波(複合型)」になります。

ちなみに、15分足を見ていたのに「サイクルが小さくなる」というのがピンと来ない方もみえるかもしれませんが、これは「相場に現れる波動(サイクル)は切り替わるもの」と覚えて下さい。

相場・経済の周期を捉えよう ~サイクル理論~

FX

相場・経済の周期を捉えよう ~サイクル理論~

相場・経済の周期って?

つまり 行き過ぎたものはいつかは必ず崩壊する(戻る)タイミングがある ということが分かると思います。これは相場でも経済でも同じです。

為替相場における「サイクル理論」とは?

相場には「山」と「谷」があり、一定期間で価格変動が繰り返されますが、これを相場サイクルといいます。FX相場の安値から安値を1つのサイクルとして捉え、そのサイクルが周期的に一定の間隔で繰り返し起こるとする考えで、次の転換点を探るための理論であり、 約80%の確率で発生する とされています。

サイクルのタイプと傾向 ~フラクタル構造を理解しよう~

サイクル理論の最大の特徴としては 「平均周期」が既に決まっている ことです。

と定義されており、「オーブ」と呼ばれる許容範囲・誤差・延長の±1/6を加味すれば 8割 がこのサイクルに当てはまるとされています。

高値を超えるか安値を割るかのトレンド想定が一目瞭然!? サイクル理論のルール ~ライトトレンスレーションとレフトトレンスレーション~

トランスレーション(転換)とは、サイクルのトップ(天井)をつけたタイミングが、そのサイクル周期の中で早い段階でつけたのか、遅い段階でつけたのかによって、次のトレンドの予測を立てていくというものです。トレンド転換点はサイクル周期の「センターライン」で判断し、トップ(天井)をつけたタイミングが センターラインの左側(レフトトランスレーション) なのか、 右側(ライトトランスレーション) なのかで、トレンドを判断します。トランスレーションルールは以下の通りです。

センタージャッジ目安

ドル円・ユーロ円・ポンド円の周期を実際のチャートで見てみよう

サイクル理論の効果的検証方法 ~GMOクリック証券~

このサイトでも検証用として使用していますが、サイクル理論の検証にはGMOクリック証券 の「 GMOクリックFX ~iClickFXneo+~ 」と「 PRIMEアプリS 」が最適です。

GMOクリックFX ~iClickFXneo+~

1マス=ローソク足10本 となっているので本数カウントが一目瞭然

PRIMEアプリS

◯相場環境に合わせて 自動でフィボナッチ数(23.6% / 38.2% / 61.8%)を計算 し、レート表示するので、押し目・調整戻りの目安ラインが一目瞭然

ペナントの使い方|上昇トレンドで買う具体的な戦略とは?

ペナントって、上昇トレンドの途中の単なる踊り場になることも多いんですよね。その場合、ぼくはよくN計算値と絡めて考えます。AB=CDなのがN計算値。Cの右上あたりにペナントの頂点がきて、その頂点とBが結ばれるイメージ。ペナント下辺は、頂点とCを結んでC方向に伸ばすイメージかな。 pic.twitter.com/NWXw0GomNH

— 大手企業為替担当DakarのFX雑記! (@111coffeeBreak) November 9, 2021

今回は上昇トレンドで買うという前提ありきなので、分析の結果、すでに 上抜けるだろうというシナリオ を描いている段階から、話はスタートです。

ペナントの使い方|値幅観測論

N計算値って有名ですが、これ、値幅観測論なんですよね。⁰⁰一目均衡表の計算方法のひとつなんです。⁰⁰他にも、E計算値、V計算値、NT計算値があります。⁰⁰これらは、おおよそのレートの目標値を知るために利用できるんですね。⁰⁰つまり、利確ポイントの目安ってことです(^^) pic.twitter.com/XF81zJq0cb

— 大手企業為替担当DakarのFX雑記! (@111coffeeBreak) January 13, 2022

ペナントの使い方|これで勝てます!

実際に、15分足のペナントが日足でヒゲを多く伴ったN計算値の絵になっている、とかはたまにあります。基本的には値幅観測論は利確ポイントの目安ですが、こうなるともうトレンドフォローですからね。この流れだと、フィボナッチエクスパンションを使うことまで考えることになるわけです(^^)b pic.twitter.com/IhJtAXLPVf

— 大手企業為替担当DakarのFX雑記! (@111coffeeBreak) November 9, 2021

この絵は、ペナントがN計算値の中に 内包されている状況 なわけですね。

ペナントの使い方|まとめ

ペナントでは、上値下値に届かない動きが続きます。

その結果として、上側のレジスタンスラインと下側のサポートラインがどんどん狭くなる形に。

徐々に値幅を狭めながら、上にも下にも行けない状態というイメージですね。

ブレイクアウトが起こると、トレンドが始まることも多いです(^^)b pic.twitter.com/H7mB3kgIx1

— 大手企業為替担当DakarのFX雑記! (@111coffeeBreak) December 26, 2021

分析と勘によるFX/トレードマニュアル

画像1

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

参考:https://www.gaitameonline.com/academy_chart13.jsp

波動の特定方法

あとで詳しく解説していきますが、そもそも推進波は5波構成・修正波は3波構成というのは、原則であって例外があります。

参考:https://www.oanda.エリオット波動論とは jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

では、その基準とは何かというと、ズバリ「オシレーター」です。(私はRCIを使います)

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

考え方としては「原則と例外を作る」ことです。

エリオット波動論の基礎知識

推進波と修正波について

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

ですから「原則として、修正波は5波構成(修正波は3波構成)だけど、例外がある」というように考えるようにしましょう。

推進波はトレンドを細かく分析したもの

参考:https://www.エリオット波動論とは panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

エクステンション(波の延長)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

そういった実際の相場の動きに対して例外ルールが設けられることがエリオット波動論ではあります。

この違いは「トレンド(推進波)なのか?そうではない(修正波のパターン)なのか?」です。

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

エリオット波動論とは (上図:トレンド) (下図:トレンドもどき)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

修正波では「パターン分析」ができる

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

フラクタルについて

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

フラクタルはエリオット波動論を理解する上で1つの壁になりやすいのですが、実際はこのような綺麗なフラクタルを描くことはないということです。

期間の異なるRCIを比較する

複数の時間軸を確認する

(DAY) (1H)

(4H) (30M)

青四角について

ズバリ青四角は見ているチャートの時間軸よりも「小さいサイクルの修正波(複合型)」になります。

ちなみに、15分足を見ていたのに「サイクルが小さくなる」というのがピンと来ない方もみえるかもしれませんが、これは「相場に現れる波動(サイクル)は切り替わるもの」と覚えて下さい。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる