安定した取引システム

ダブルトップ&ダブルボトム

ダブルトップ&ダブルボトム
送る

ダブルトップ・ダブルボトムができる時の大衆心理とは?【だましを回避する方法も解説】

FX初心者向け

・ダブルトップ・ダブルボトムができる時のトレーダーの心理を知りたい
・なぜダブルトップが形成されるとその後レートが下落するのか?その理由を知りたい
・ダブルトップ・ダブルボトムができる時の大衆心理を把握した上でエントリーしたい

という 背景(=大衆心理)まで理解している人は非常に少ないです。

「ダブルトップ・ダブルボトム形成の裏側で起こっている投資家心理と注文の状況」

ダブルトップ形成の裏側で起こっている投資家心理を知る前に

それは、ダブルトップ形成時の大衆心理を理解したとしても、 それがあらわれた時の相場環境を把握していなければ(=上位足相場環境の把握)、いわゆるダマしにあう可能性がありますので、ダブルトップ形成時の相場環境を必ず把握する必要がある、ということです。

ですが、これは「ダマし」でも何でもありません。

そう、ここは上位足レベルの押し目買いポイントだった訳です。

つまり、ダマしでも何でもなく、 より上位足から押し目買いが入るようなポイントだということを把握せずに、安易にダブルトップネックライン割れで売り注文を入れてしまった彼らの能力の無さに原因があるのです。

ダブルトップ形成の裏側で起こっている投資家心理(及び注文の状況)

  • 上位足相場環境
  • ダブルトップが形成されたときの相場状況

などは無視して、 ダブルトップ形成の裏側で起こっている投資家心理及び注文の状況のみに特化して解説していきます。

Step1.安値切り上げ・高値更新で上昇トレンド継続中

これらの買い注文にプラスして売り方の損切り注文(=買い注文)も入る

更にはこれらに加え、売り方の損切り注文(=買い注文)なども合わさってレートが伸びていきます。

ということは、 レートが高値Cを超えていけば、売り方の損切り注文(=買い注文)を巻き込み、先ほど説明した買い方の買い注文と合わさってレートが伸びていくことになります。

この時点での注文の集中ポイント

という 2つの売り注文が溜まることになります。

Step2.押し目を付け再上昇、高値更新して上昇トレンド継続か?

この下落を見て、含み益が減ることを嫌がり利益確定の売り注文を出してくるトレーダーも一部はいますが、 依然として上昇トレンド継続中であり上方向への優位性が強いため、殆どのトレーダーは何もせずに静観している状態です。

①過去から引ける節目ラインなので、既にこのライン直下には機関投資家等の大口の大量の売り注文が入っている
②AやBで買っていったトレーダー達が目標利確ラインとして売り注文を入れている
③下げ始めたのを見て売り注文を入れてくる逆張り系トレーダーがいる

この時点での注文の集中ポイント

①:Aから買いポジションを保有していたトレーダーの 【利益確定の売り注文】
②:Bから買いポジションを保有していたトレーダーの 【利益確定の売り注文】
③:Eから新規で買いポジションをもったトレーダーの 【損切りの売り注文】

という 3つの売り注文が溜まっているということになります。

Step3.高値更新に失敗!トレンド継続への不信感が芽生え始める

もちろん、ネックラインを抜けない限り上昇トレンド継続には変わりありませんので、多くのトレーダーは再度反転・上昇してくることを期待しながら、何もせずに静観している状態です。

Step4.ネックラインを抜けてダブルトップ完成

①:Aから買いポジションを保有していたトレーダーの 【利益確定の売り注文】
②:Bから買いポジションを保有していたトレーダーの 【利益確定の売り注文】
③:Eから新規で買いポジションをもったトレーダーの 【損切りの売り注文】

更にこれらの売り注文に加えて、このネックラインを割ってくることでダブルトップが確定し、短期的に下降トレンドへ転換してくることになりますので、 ネックライン割れの所に新規の売り注文を仕掛けているトレーダーもたくさんいます。

①:Aから買いポジションを保有していたトレーダーの 【利益確定の売り注文】
②:Bから買いポジションを保有していたトレーダーの 【利益確定の売り注文】
③:Eから新規で買いポジションをもったトレーダーの 【損切りの売り注文】
④:ネックライン割れで売りを狙っていたトレーダーの 【新規の売り注文】

ダブルトップ/ダブルボトムのだましを回避する本当の方法【他のFXサイトを見て勉強しても無意味です】

FX中級者向け

この記事は中級者向けです。

を解説しているサイトが多くあり、今回の記事を書く前にそういったサイトを上位20位まで全て見ましたが、 残念ながらどのサイトでも全く【本質】を得ていない解説しかされておらず、

「ダブルトップのだましを回避する”本当の方法”と”本当に勝率の高いダブルトップ”」

  • なぜ、あなたはだましに合うのか?
  • そして、どうしたらそのだましを防ぐことができるのか?

この記事を読み終えた時には、それの疑問が全てクリアになっていることをお約束します。

Googleの検索上位の記事だからと言って「内容が正しい」とか「解説が濃くて読むと参考になる」とか「勝っているトレーダーが教える本物の情報」だとは限りませんので表示順をアテにして信用しない方が良いです。

  • サイト運営歴が長い
  • 内部SEO(=Googleに好かれるための内部施策)ダブルトップ&ダブルボトム を頑張っている
  • SEO業者に金を払って順位を上げてもらっている

これらの現状を踏まえて、私のブログでは読者の方が「役に立った!」と思えるような具体的で意味のある記事を書くように心がけています。

そもそも「だまし」など存在しない

つまり、「だまし」と言っている人は、自分の環境認識能力(=チャートを読む力)の低さを”相場のせい”にしているだけであり、お門違いにもほどがあります。

  • 現在の局面はどのような局面なのか?(エントリーするに値する局面なのか?それとも待つべき局面なのか?)
  • 待つ場合、どのような状態になればエントリーすることができるのか?
  • エントリーした後、どの辺りまでレートが伸びると考えているのか?
  • 上位足のトレンドと方向は合っているのか?
  • 近くに抵抗勢力はいないか?
  1. ダブルトップネックライン割れで売っても利益が出るポイント
  2. ダブルトップネックライン割れで売ったらだましに合ってしまうポイント

なぜ他のサイトを読んでもダブルトップのだましを回避できないのか?

どのサイトも単一時間足のダブルトップの話しかしておらず、どの時間足で出現したダブルトップなのか?の話が全くなされていない
(※どの時間軸でその形状が作られているか?が非常に大事なのにも関わらず・・・)

だましを回避するために最も重要なのは「上位足相場環境を把握すること」なのに、それについてどのサイトにも書かれていない

理由を分けて1つずつ解説しても説明が重複するだけですので、ここからはまとめて解説していきます。

どの時間軸でダブルトップか出たか?その時の上位足トレンドはどうなっているか?によって全てが変わってくる

検索で上位にあるどのサイトも単一時間足のダブルトップの話しかしておらず、どの時間足で出現したダブルトップなのか?の話が全くなされていないので、これらの記事を読んだところで だましを回避することはまず不可能です。

言葉で説明してもあまりピンとこないかもしれませんので、実際のチャートを使って説明しましょう。

つまり、上位足は完全に「買い目線」であり、下げれば下げるほど上位足からの押し目買い勢力の買いが入ってくるので、いくら下位足でダブルトップを作ってネックラインを割ってきたとしても、そのまま下方向に伸びる優位性は限りなく低いということです。

上位時間軸で発生したダブルトップは信頼性が高いので「だまし」に合う可能性は低い

基本的に、時間軸が大きくなればなるほどそのチャートパターンの信頼性は上がっていきます。

  • 5分足で認識できるダブルトップよりも1時間足で認識できるダブルトップの方が、
  • 1時間足で認識できるダブルトップよりも4時間足で認識できるダブルトップの方が、
  • 4時間足で認識できるダブルトップよりも日足で認識できるダブルトップの方が、

  • 5分足トレーダーも
  • 15分足トレーダーも
  • 1時間足トレーダーも
  • 4時間足トレーダーも

『下げてきたら買ってくる押し目買い勢力』

▼その後の値動き

そして相場というのは基本的に上位足が築いているトレンドに回帰する優位性の方が高いので、上位足が上昇トレンドを築いている時の下位足ダブルトップのネックライン割れで売ったとしても、ほとんどの場合、損切りに掛かってしまいます。

多くのサイトで勝率の高いダブルトップとして紹介されているポイントも間違い

いくらレジスタンスライン付近で形成されたダブルトップだとしても、より上位足のトレンドが上昇トレンドだった場合、ダブルトップネックライン割れで売りエントリーしても、そのまま下げていく可能性は極めて低いです。

結論:ダブルトップのだましを回避するためにやるべきこと

  • 上位足のトレンドはどうなっているのか?
  • 買おう(or売ろう)としている近くに抵抗勢力はいないか?

簡単に書いていますが、上位足の相場環境を把握する(※特に日足&4時間足&1時間足を立体的に見る)ことがFXの世界で勝つための全てと言っても過言ではなく、この能力を身に付けるのが最も難しいです。

同じチャート形状でも上位足相場環境によってトレードは全く違うものになるということを理解して、 下位足の今が、上位足ではどういう位置付けになるかを常に確認するようにしていきましょう。

本当に勝率が高いダブルトップ

1.上位足レベルの大きなダブルトップの中での下位足でのダブルトップ

ご覧のように上位足のダブルトップの右側のトップ内を見ると更にその中で下位足でダブルトップを形成してきています。 ダブルトップ&ダブルボトム

なぜなら、この下位足のダブルトップのネックラインを割ってくると短期的に下降トレンドに転換してきたことになり、もう買いポジションをもつ必要性がないからです。
(※厳密には押し安値を割っていないので下降トレンド転換してきていません)

このように、上位足レベルの大きなダブルトップの中での下位足でのダブルトップネックライン割れは、あらゆる時間足のほとんどのトレーダーが同じ方向を向くことになるので伸びる可能性が高く、非常に勝率の高いポイントなのです。

▼その後の値動き

ごちゃごちゃ説明してきましたが、要するに上位足がダブルトップで高値更新できなかったポイント内(※上昇圧力がかなり弱まってきているということ)で、下位足もダブルトップで高値更新できなかったので、とにかく弱いということです。

上位足レベルの大きな高値切り下げポイントや上位足レベルの三尊でも同じ

2.上位足レベルの戻り売りポイントの中での下位足でのダブルトップ

上位足の戻り売りポイント(=高値切り下げポイント)の中で下位足ダブルトップが出現したら、かなり勝率の高いエントリーポイントだと言えます。

上位足で戻り目を築いてくるということは、上位足は下降トレンドだということです。

そのため、意識されそうなレジスタンスラインを見つけて、そのポイントで下位足でダブルトップを築き下降トレンド転換してくるのを多くのトレーダーが待っています。

ダブルトップ・ダブルボトムになる理由を大衆心理で考える

ダブルトップが出現したドル円1時間足チャート

ダブルトップの値動きを解説したドル円5分足チャート

5分足で生成されたダブルトップ部分を拡大したのが、下記の画像です。

上記チャート左側の青い破線の枠をご覧下さい。

天井圏に近づくほど、高値を更新してきた買いの力が弱まっています。
それまで上ヒゲを順調に実体で更新していたのが、黄色ラインを引いた辺りから上昇圧力が怪しくなっています。

ダブルトップが形成される理由を大衆心理で分析

ダブルトップが形成される理由を大衆心理で解説

今回のダブルトップが形成された理由を大衆心理から分析したのが以下の画像です。

1番2番の売り勢力は個人投資家ではなく間違いなく大口ですが、彼らの目的は多くの人がダブルトップと認識できるチャートを作ること。
そこまで資金を投下してお膳立てすれば、後はネックラインで売ってくれる人が勝手に出てくるので、自動的に利益が伸びるという仕組みです。

騙しが入る場合も当然ありますが、勝率5割でも十分に利益を残すことができます。
その具体的な方法論は、以下のFXフレンズチャンネルで解説しているので参考にして下さい。

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

こちらも 億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し 、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。
トレード回数は少ないですが、少し長めの時間足で30~50pipsを狙う手法です。
大きなトレンドが発生すれば100pips以上獲れることがあります。

ダブルトップとダブルボトムとは?売買シグナルの見方や注意点をご紹介!

チャート

LINE

送る

FXでトレードしていると、アルファベットの「M」や「W」のようなチャートパターンを見たことがあるのではないでしょうか?

これらは、 ダブルトップダブルボトム と呼ばれ、相場の転換点を示す典型的なチャートパターンです。

この記事では、 ダブルトップとダブルボトムとは何かチャートパターンの形や売買シグナルの見方注意点 を初心者の方にもわかりやすくご紹介します。

ダブルトップとダブルボトムとは?

ダブルトップダブルボトムのチャートパターンの形や特徴についてご紹介します。

ダブルトップ

ダブルトップ

ダブルトップとは、 上昇トレンドが終わる天井付近に現れ、 相場がこれから反転することを示すチャートパターン です。

上昇トレンドの最中に一旦下落し、その後、前回の高値付近まで反発しても、 直近高値を超えられず、再び下落 します。

そして、2度目の下落で直近安値のネックラインを割れると、ダブルトップの形になります。

ダブルボトム

ダブルボトム

ダブルボトムとは、 下降トレンドの終わりに現れるので相場の底を示し、下降トレンドが上昇トレンドに転換することを示すチャートパターン です。

下落トレンドの最中に一旦上昇し、その後前回の安値付近まで押し戻されても、 直近安値まで割り込まず、再び上昇 します。

そして、2度目の上昇で直近高値のネックラインを超えれば、ダブルボトムの形になります。

ネックライン

ネックラインとは、ダブルトップの場合は、直近安値のサポートラインダブルボトムの場合は、直近高値のレジスタンスラインのことです。

    ダブルトップ: 2度目の下落がネックラインを割り込むとダブルトップの形が完成

ダブルトップとダブルボトムの売買シグナルの見方とは?

ダブルトップとダブルボトムの売買シグナルの見方についてご紹介します。

WHAT

ダブルトップの売りシグナル

ダブルトップ

ダブルトップ
➡︎ 上昇トレンドが下降トレンドに反転する際に現れ、 売りを示すシグナル

ダブルトップの形が完成し、さらにネックラインを割れたポイントが 売りシグナル です。

ネックラインを割り込むと、 ダブルトップ&ダブルボトム 直近の高値からネックラインまでの値幅と同じ分、下落する傾向 があります。

これは、上昇トレンドで買いエントリーしていたトレーダーが、相場が繰り返し反発したのを見て「これ以上は上昇しないだろう」と売りにまわるので、相場が反転して下落します。

ダブルボトムの買いシグナル

ダブルボトム

ダブルボトム
➡︎ 下降トレンドが上昇トレンドに反転する際に現れ、 買いを示すシグナル

ダブルボトムの形が完成し、ネックラインを超えたポイントが 買いシグナル です。

ネックラインを超えてから、 直近安値からネックラインまでの値幅と同じ分、上昇する傾向 があります。

これは、下落トレンドで売りエントリーしていたトレーダーが、相場が繰り返し反発したのを見て「これ以上は下落しないだろう」と買いにまわることで、相場が反転して上昇します。

ダブルトップとダブルボトムの注意点と対策方法とは?

ダブルトップとダブルボトムの注意点とその対策方法についてご紹介します。

チェック

ダマシにあうことがある

ダマシ

図のように、ダブルトップを形成した後、下がると見せかけて上昇し続けたり、またその逆になったりすることもあります。

これは ダマシ と呼ばれ、 ダブルトップやダブルボトムにもダマシが発生することがあるので、注意が必要 です。

勝率が高いポイントに絞る

ダブルトップとダブルボトムの できるだけ勝率が高いポイントでエントリーすることで、ダマシに引っかかる可能性を低くすることができます。

1.レジスタンスライン(上値抵抗線)付近は、 売りの勢力 が強く、ダブルトップを形成した場合は、 上値を抑えられて下落する可能性 が高まります。

2.サポートライン(下値支持線)付近は、 買いの勢力 が強く、ダブルボトムを形成した場合は、 下値を支えられて上昇する 可能性が高まります。

「ダブルトップとダブルボトムとは?売買シグナルの見方や注意点」のまとめ

この記事では、 ダブルトップとダブルボトムとは何か、チャートパターンの形や売買シグナルの見方、注意点 を初心者の方にもわかりやすくご紹介しました。

ダブルトップダブルボトムは、FXでよく見られる 相場の転換点を示すチャートパターン です。

ダブルトップとダブルボトムパターンとは何か? & どのように使うのか?

Double Bottom

市場が過買収水準に達すれば、抵抗に直面してダブルトップパターンを形成することができます。 これは、相場が下落してから支持水準が見つかるまで、最初のピークから始まる。 この時点ではパターンを検知することはできません。 最初の天井を形成した後、相場は支持線(ネックライン)まで下落し、再び反発して新たに形成された抵抗をテストします。 相場がこれを突破できなければ、2番目のピークを形成する。 トレーダーはトレンドを警戒し、相場がネックラインを下回れば、売りに出る準備をしなければなりません。

ダブルボトム の場合と同じ Breakout テクニックが使用できますが、ルールが反転する。

ダブルボトムsとダブルトップsは、仮想通貨の取引に適していますか?

確実にYesと言えます! この二つのパターンは普遍的で、仮想通貨を含む全ての市場でうまく作動します。 もし、このようなパターンが現れる頻度は、例えば外国為替市場より低いこともあります。 しかしチャートで見つけると同様の関連を持っている。

ダブルトップ vs. ダブルボトム : 違い

ダブルトップとダブルボトムは、完全に反対という点以外は根本的な違いがありません。 つまり、ダブルボトムの場合、上昇トレンドが正しいということは、ダブルトップの場合、下落トレンドでも同じだということです。 後者は下落反転の信号だからです。

長所と短所

2つのパターンの最大の長所は、M15、H1、H4またはD1のような数時間帯に効果的だという点です。 そのためデイトレーダー、スイングトレーダー及びポジショントレーダーともに使用できます。 また、株式、外国為替、原材料及び仮想通貨とよく作動する普遍的なパターンです。

他の技術的パターンと同様にメリットもありますが、デメリットもある。 最大の短所はダブルトップもダブルボトムも、新しく形成されたトレンドが強固になるとは言い切れないという点です。 例えば、ダブルボトムの場合、売り手は3番目に相場を下げる機会を見つけるかもしれないし、さらには支持線下に突破を試みることもある。 したがって、トレーダーはストップロスのようなリスク管理ツールを使用しなければなりません。

避けるべきミス

ダブルボトムを利用して取引する人々の主なミスの一つは、相場がパターンのネックラインを超えた直後に買い取ることです。 この場合、慎重でないと、より大きな流れに立ち向かって取引することになりかねません。 市場が強い下落の中間にあり「小さな」ダブルボトムパターンを形成すれば、これを無視して一般的な下落トレンドを続けていく可能性が高い。

これを避けるためには、20日移動平均(MA)を追加しなければなりません。 もしMAより相場が低ければ、ネックラインブレイクアウトを買収してはいけません。 ダブルトップを利用して取引を行う際に、相場は期間20日MAを超えてはいけません。

リスクマネジメント

ダブルトップ 及び ダブルトップ&ダブルボトム ダブルボトムは最も信頼できるチャートパターンの一つですが、すべての場合におけるトレンドの反転を保障することはできません。 残高による深刻な損失を回避するため,いくつかの基本技術を適用することでリスクを軽減する必要があります.

最も重要なステップは、ストップロスの注文をすることです。そうすることで、相場が急に下落した場合の損失を減らすことができます。ブレーキアウト(ネックライン)と抵抗(ダブルトップの場合)又は支持(ダブルボトムの場合)の間にストップロスを設定しなければなりません。

一貫性を高め、長期目標に集中するためには取引当たり残高の1%以上を使用してはなりません。 それはリスクマネジメントの黄金率のひとつです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる