FXのご案内

エリオット波動って何

エリオット波動って何
では後々の為に想定ラインもひいておきます
これは「今は」忘れてもらっていいです

「ポジポジ病」を防止する特攻薬!“エリオット波動”の基礎

「順張り」、「逆張り」という言葉を聞いたことがあると思います。
初心者の方であればあるほど、これらの方法に対しルールを設けておらず、チャートを見ているとなんとなくポジションを持ちたくなってしまうことが多いのではないでしょうか?
こうしたいわゆるポジポジ病の原因は、「仕掛けのシグナルが出た」といった場合や、「テクニカルで有効なポイントだった」等、「その時点」、「その瞬間」の状態によって判断していることが多く、後になってよくチャートを見てみると、意味のないところで「ポジションを取ろう」と思ってしまっていることによるものです。
「自分の資産」を増やすという本来の目的を実現するためには、できるだけ早めに「ポジポジ病」から脱出する必要があります。
今回紹介する“エリオット波動”は、まさにこのポジポジ病の特効薬になる理論です。
「波動理論」を理解し、「トレンド」をいかにつかむかを知って、トレンドにのっかる「トレンドフォロワー」になること、正確な意味での「順張り」「逆張り」のポジションを持つことによって、「ポジポジ病」や「初心者レベル」から脱出しましょう。

エリオット波動って何?
R.N.エリオット(1871-1948)が1939年にフィナンシャル・ワールド誌で連載された論文で波動理論について説明していますが、とても難解であったことから1978年にA.J.フロスターとR.プレクターにより「エリオットの波動原理」とされています。
エリオットは以下のように解説されています。
「相場は、ひとつの基本的リズム、すなわち、5つの上昇波と3つの下降波で、都合、8つの波となり、ひとつの周期をつくるパターンに従って展開する」
この短い言葉が重要で、とても奥が深い理由となっています。
こちらの図が上記解説を図にしたもので、このイメージを持っておくことだけでもトレードの助けになります。
まずは、この波動理論とトレード内容を合わせて解説しますので、頭の中で整理して理解していきましょう。

(1)第1波(①)では上昇はゆっくりだが、戻し(②)の下降は早い
(2)上昇1波(①)のあと、戻し(②)の下降が始まったら、折り返しの第2波(③)の上昇にあわせたトレードを考えられる。
(3)第2波の戻し(④)の下降に入ると、次の第3波の上昇で上昇波は収まることが予想できる。 エリオット波動って何
その後、下降の第1波( ① )が始まることが予想されるため、ロングエントリーは用心し、ポジションを利食ったり、クローズをしたりする。
(4)下降の第1波( ① )の戻し( ② )が入ったら、下降第2波( ③ )でのショートエントリーを想定する。
(5)合計8波動が終わったら、次の流れがどうなるか、最初の1波を待つ。

波動理論に基づく「順張り」・「逆張り」
このエリオット波動を見ると初心者的な理解であっても、多くのトレードに対する備えを得ることができます。
しかし、この流れがわかっていてもその時々のルールで取引してしまっていては継続的に利益を上げることはできませんので、まずはこのような相場に対して、「順張り」でトレードするのか、「逆張り」でトレードするのかを決めておくことが重要です。

【順張り】
上昇トレンドのなかで買いポジション、下降トレンドの時に売りポジションを持つことです。
つまり、うまく相場の流れに乗って利益を出す方法になります。
波動論でいえば、上昇の5波動の間で買いポジションを持つこと。下降3波動の間で売りポジションを持つことです。
順張りの考えは非常に重要なのでしっかり復習しておきましょう!

【逆張り】
「下がっているのに買う」とか、「上がっているのに売る」と勘違いしている人が多いですが、そうではありません。
「上昇5波の時に発生する下向きの波で買い」、「下降3波の時に発生するうえ向きの波で売る」ということです。
今まで逆張りを狙っていた方も、このような相場で逆張りすることがいかに危険かというイメージを持っていただけたのではないでしょうか。
また、今までと同様にこれからも下降トレンドで買ったり、上昇トレンドで売ったりするのは、単に相場からの退場が待っているだけですので控えましょう。
まとめ
今まで相場の流れを把握せずに、やみくもなトレードをしていた方は、波動論と合わせることで、やるべきこと、やってはいけないことがはっきりしたのではないでしょうか。
エリオット波動に限らず、相場の流れや周期を分析するまではいかなくても知っておくだけで、負けを大幅に減らせるというくらい重要なことです。
こうした、波動の流れに沿ったトレードを「トレンドフォロー」と言います。
専業トレーダーの多くは、このトレンドフォローによるトレードを極め、いかに安全に取引をしていくかというところに注力して日々検証を行なっていると聞きます。
エリオット波動の理解は、相場の安全地帯や、持つべきポジションの方向性を教えてくれる大事な基礎知識の1つです。
波動理論と聞くと、「難しそうだから手を出しづらい」と思う方もいるかと思いますが、基礎の基礎を理解しておくだけでも相場の見方が変わります。
また、この上昇5波+下降3波=合計(都合)8波、という波の数は、初心者を超えて、中級から上級になる際に必須の知識となります。
インプットした知識を相場に照らし合わせて、自身のトレードスキルを向上させていきましょう!

エリオット波動で稼ぐ|自信を持って買うための戦略とは?

フラクタル構造って、自己相似です。

これは、どんなに小さな一部分をとっても、それが全体と同じ形になっている構造、のこと。

例えば下のマルチタイムの絵だと、「拡大するたびにまたダブルトップが見つかる」わけです。

こうなっていることがある、という話ですね。#短期トレードの分析過程 pic.twitter.com/0kVhMVmFAa

— 大手企業為替担当DakarのFX雑記! (@111coffeeBreak) May 28, 2019

完璧ではないにしても、フラクタル構造になりやすいエリオット波動においては、 トレーディングチャートにする時間足 をきちんと決めることがわりと重要なんですよね。

このあたりは、トレーダーとしては 初志貫徹の精神 が大事になってきます。

エリオット波動で稼ぐ|局所的に攻める

エリオット波動って、一定のリズムのある値動きです。

このあたりの説明を掘り下げると、impulseとcorrectiveってことになるんですよね。

impulseは、衝動とか勢いとかって意味。

correctiveは、矯正とか中和とかって意味です。

これは、イメージの話。

時系列で考える視点ですね(^^)b pic.twitter.com/j8JTMXFAS6

— 大手企業為替担当DakarのFX雑記! (@111coffeeBreak) October 6, 2021

エリオット波動をちょっと細かく見ていくと、Impulse Phase と Corrective Phase に分けることができます。

Impulse Phase が、いわゆる上昇5波、Corrective Phase が、いわゆる下降3波ですね。

この話は上昇していくという相場環境認識ありきなので、今回は 上昇で稼ぐ話 に特化してみましょうか。

なので、最初は 局所的に攻めていく ことをおすすめします(エリオット波動って何 ^^)b

エリオット波動で稼ぐ|初期段階

最新のエリオット波動に関する情報。

基本、このチャートパターンはいろいろな箇所で稼げます。

が、最近の為替相場では、どうも全体的に3の波が長くなる傾向が高いらしく。

これは、元々トレード仲間からの情報です。

レアルや欧州通貨に精通してる人ですね。#最新の傾向が大事 pic.twitter.com/ndknL3P5oq

— 大手企業為替担当DakarのFX雑記! (@111coffeeBreak) December 8, 2021

見ていくのは上昇局面なので、 第1波から第5波 を集中的に見ていきます。

そして第2波は、 プルバック ですよね。

エリオット波動で稼ぐ|狙うべき波動

現代為替相場においては、この 第3波がかなり長くなる傾向が強い んですよね。

こういうときによくあるのは、左が陽線のパターンの 切り込み線 とかですよね。

エリオット波動で稼ぐ|終わらせる

スキャルピングに関するひとつの事実。

じつは、アングロサクソン系は、動く方向に何の迷いもなく入っていきます。

そして、それでだめならさっさと損切り。

すごくわかりやすいですよね。

例えばアジア勢より、平均して獲得している利益が多いと言われているんですね(^^) pic.twitter.com/2KH26eiJcq

— 大手企業為替担当DakarのFX雑記! (@111coffeeBreak) October 2, 2021

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

【 FX情報】トレンド転換のサイン『ダイバージェンス』を各通貨で確認?ダイバージェンスとは……?

家出てすぐ道に出たら『っ!!人が倒れてる!?』と思ったらゴミ袋でした。

今日は1週間丸々サボった外国為替市場を見ていくよ!!

f:id:koalion0105:20200126130820j:image

最近は仮想通貨の話しばっかりしていたね。

あ、最近思ったのがこの記事を読んでくれる方がまだトレードしたことない人の訪問が多いので、この記事読んで少しでも 『資産運用』 に興味を持ってくれたらと思いますo(・x・)/

『資産運用』 って響きはなんかリスク少なさそうだよね。 『投資』 ってなるとリスクがもれなくついてきそうなので 『資産運用』 という言葉を使ってみましたヾ(๑╹◡╹)ノ"

実際に株や外国為替取引することは 『投資』 なのですが、 『資産運用』 という言葉選びで行うだけでも 『資金管理』 が上手になると個人的に思っています_(┐「ε:)_

株も為替も仮想通貨も値動きのあるものは先に買った人だけ儲かる世界ですので٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

この記事のポイント

  • ダイバージェンス からトレンドの転換期を知る
  • ドル円はまだ円安のシナリオにありますが、ポン円やユロ円など他の通貨に影響して円高になる可能性が高い
  • 新型肺炎コロナウィルスの影響も考慮しておく
  • エリオット波動って何
  • ドル円・ポン円・ユロ円は今後 『下げ(円高)』 の可能性と思われる
  • ドル円の109円で反発なら上昇、割るならそのまま下落

ドル円は見事に下降相場でしたね

私がアメリカ人なら 『オーマイッガッ!!』 て言いながら『OMG』ってツイートしてる所です。

チャートを見ていて気になったのが 【ダイバージェンス】 って現象があるので今日は 【ダイバージェンス】 を見て 『相場トレンドの転換期』 を見ていきましょうね。

f:id:koalion0105:20200126115753p:image

ドル円チャートの1時間足ですが価格は上昇しているのに指標の『MACD』は下げていてる所わかりますかね??

『MACD』はマックディー又はマクディーと呼びます。先程の 『オーマイッガ』 の略ではないので悪しからず。

    エリオット波動って何
  • この価格上昇に対してオシレーター指標(今回はMACD使用)の下降という逆行現象が 【ダイバージェンス】 です。

【ダイバージェンス】 とはトレンドの転換のサインと言われていて、今回のドル円チャート1時間足でもダイバージェンスの後にトレンド転換して下降しているのがわかりますね。

今後の値動きとしてドル円は…

f:id:koalion0105:20200126121822p:image

f:id:koalion0105:20200126122621p:image

ポン円チャートの日足ですが、これまた 【ダイバージェンス】 ですね。なにかの縁を感じますね。

f:id:koalion0105:20200126122738p:image

ユロ円チャート日足にも 【ダイバージェンス】 です。これはもうね因縁というか呪いですね_(┐「ε:)_

エリオット波動見直し(見直しの見直しねw)

またエリオット波動の見直しも必要で、少し前に描いたエリオット波動(円高と思ったら円安なのか?と思って描き直したやーつ)も見てみましょう。

f:id:koalion0105:20200126123236p:image

エリオット波動はフラクタルな構造、これは守ってるかもしれないけどね、 赤1波現在価格が割っているのでこの予想図は否定された事になります ┏( .-. ┏ ) ┓

なんか昔、エリオット波動描いててオリンピック円高だとか言ってたけどそうなるかもね。

赤1波 エリオット波動って何 を引き直してみよか…

f:id:koalion0105:20200126124047p:image

…やっぱり 赤1波 結局破るやんけw

f:id:koalion0105:20200126131614p:image

まだこのシナリオもあるので 109円を割らない限り はこのシナリオのゴミ箱行きは控えておきますね(^^)

新型肺炎の騒動もあるので 不安心理からの手仕舞い『円の買い戻し』があれば円高は進み109円を破る値動きがありそうですね。

なんもやでぇ ~波動術士からあげの投資基礎、オリジナル~ 株 FX 株指数

波動術士からあげ

エリオット波動 基礎

みなさんこんっちわ!

エリオット波動 基礎

実際は
んなぁこたぁねぇよww

エリオット波動5波3波

エリオット波動チャネル

では後々の為に想定ラインもひいておきます
これは「今は」忘れてもらっていいです

このように
5つの波でトレンド方向へ波動が進み
それを3つの波で修正していくことになります
この「お山」ひとつでワンクールになります


5+3=8波構造です

(蛇足:一目均衡表の9波動理論はエリオット波動の延長理論と同じ波動数です)

これはあくまで教科書での話しです
ぶち壊しになりますが
昔からツイキャスで度々言ってるように
「全部3波でカウントするといい」
が本音です
何故なら
全部3波で数えると
「おのずと5波は見つけやすい」からです

〇エリオット波動の基礎

1.ルール

エリオット波動 ルール


・2波はトレンドの始まりを割らない

エリオット波動は5波と3波で成り立っています
1回目の大きな戻りである2波
トレンドの始まりである「0点」を超えないのです

後に延長理論とともにこれは再度書きます
頭固く考えず
「とりあえず「1回目の戻りは0点超えないんだなw」ぐらいでまずはいいです


・4波は1波を超えない(2回目の大きな戻りはひとつめのお山を越えてまで戻ることはない)

エリオット波動ルール 4波

完全にエリオット波動をマスターするまでの目安は
「自分のメイン時間軸の二つ上までで髭で終わっているなら」
ルール破綻としない
でいいです。
(これまたエリオット波動教科書主義者から怒られるやつだわww)


・3波は値幅で一番小さくならない

エリオット波動ルール 3波

このルールが一番大切です
何故なら「トレンドは簡単に終わらない」のを地でいくこのルール
利益の取り残や5波が残っていると仮定しての
逆張りでの4波狙いに大きな影響を与えます
リスク管理上からも
エリオット波動に慣れてきたらこれを身体に覚えこませてください

ルール
・2波(トレンドの1回目の大きな戻り)はトレンドの始まりを割らない(2波は0点を超えない)
・4波は1波を超えない(2回目の大きな戻りはひとつめのお山を越えてまで戻ることはない)
・3波は値幅で一番小さくならない

考えてみれば当然と言えば当然なんです。

足りないルールがあるのです

次回はこのガイドラインを元に
「エリオット波動から見たベストエントリーとリスク管理」
書いていきます。

エリオット波動のまとめ1回目のブログになります
フラクタル構造や△での波の捉え方。延長理論、オリジナル特殊テクニカルを用いた(支点固定力点移動理論、0-4時間論等々)もあわせて
書いていきます

長くなると思いますが

下のページから エントリー毎にお金が入る キャッシュバックサイトご紹介します
WinWinですw

アフィリエイトやります!

ルール ガイドライン

We Rock!!

エリオット波動とブレイクアウトとスキャル手法

伝説のトレード集団【タートルズ】はどこかで聞いた事があるかと思います。 リチャード・デニス氏とウィリアム・エリックハート氏が教育した常勝投資軍団がタートルズです。 タートルズについては、こちらの書籍が .

FXブレイクアウト戦略でスキャルピング

今日のユーロドルはパッとしない動きですね。 1時間足ベースで考えると1.2950付近を頭に小動きと言った感じです。 こんな感じの時は、トレンドラインのブレイクが効果的。 そのブレイクでトレードしたとこ .

ブレイクアウト手法の種類と勝率の関係

珍しく久しぶりのブログとなりました。 主要通貨ペアのボラが上がらないため、色々検証していたり、ブログの記事を整理していたら記事を更新できませんでした。 本日の雇用統計をキッカケに主要通貨ペアのボラが上 .

ブレイクアウト手法の基本とトレード手法の関係

雇用統計、いかがでしたでしょうか? 私は・・・乗り遅れました_| ̄|○ ドル円が結構な上昇を見せており、 割とわかりやすい感じだったのではないでしょうか? さて、今日はブレイクアウトのセオリーと基本に .

レンジブレイクアウト系テクニカル

私のメインの手法に付け足すコトを今後紹介していく予定です。 その際に、下記のテクニカルのいずれかが必要になりますので今回は下記のテクニカル ・ケルトナーチャネル・エンベロープ・ボリンジャーバンド につ .

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる