FXの練習方法は

FXの基礎知識

FXの基礎知識
その他の不動産投資

Be a trader ! - FX入門アプ‪リ‬ 17+

当社取り扱いの店頭デリバティブ取引は元本や利益を保証するものではなく、預託した保証金額に比べて大きい金額の取引ができるため、相場の変動や金利差によりお客様がお預けになった保証金以上の損失が生ずる危険性がございます。注文の際に必要な保証金は、各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上の設定が必要となります。法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。スプレッドは市場の流動性が低い時間帯、主要経済指標の発表前後、予期せぬ突発的事象の発生時等には、一時的にスプレッドを広告表示値よりも拡大する場合があります。
なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」および「約款」等をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、ご自身の判断でお取り組みください。
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065

What’s New

App Privacy

The developer, 外為どっとコム , indicated that the app’s privacy practices may include handling of data as described below. For more information, see the developer’s privacy policy.

Data Used to Track You

The following data may be used FXの基礎知識 to track you across apps and websites FXの基礎知識 owned by other companies:

Data Not Linked to You

The following data may be collected but it is not linked to your identity:

Privacy practices may vary based on, for example, the features you use or your age. Learn More

Information

Compatibility iPhone Requires iOS 11.0 or later. iPad Requires iPadOS 11.0 or later. iPod touch Requires iOS 11.0 or later.

Age Rating 17+ Frequent/Intense Mature/Suggestive Themes Frequent/Intense Simulated Gambling Unrestricted Web Access Frequent/Intense Contests Gambling

【FX初心者向け】MAM FXとは?基礎知識をわかりやすく解説!

その他の不動産投資

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

結論から申し上げると、基礎知識を理解したうえでmam fxを利用すれば損失リスクを大幅に減らすことができます。

世間では、FXは初心者の大半が損をするといわれています。これは紛れもない事実です。なぜなら、プロトレーダーと投資初心者が勝負しても勝敗は明らかだからです。

初心者が勝つためには何をすべきか。 それはMAMや自動売買を利用すべきです。 MAMの場合、実際の投資はプロトレーダーが行い、自動売買の場合、実際の投資を行うのはプロの投資家が作ったツールが行います。どちらもプロの力を借りて投資を行う点で共通します。プロの頭脳を借りることが初心者にとって成果をあげるための一番の近道であることは間違いありません。

他のサイトでは結果として1年以内に資産を溶かされてしまうような詐欺まがいの自動売買ソフトをおすすめされますが、 当記事では実績を2年以上出し続けている会員制MAMシステムへ招待することができます。

MAM(Multi Account Manager)とは?

MAMとはマネージドアカウントというFXの取引手法です 。具体的にはFX運用を自分でない別のトレーダーに委託する運用方法のことです。システムでなく、トレーダーが実際に運用してくれます。

MAMではFX口座に入金することで、トレーダーにFX運用を任せることができます。運用成績は取引が行われる度に更新されるために、損益も即座に反映されます。利益や損失は口座に預けた資金の大きさに比例して、利用者間で分配されます。

PAMM(Percentage Allocation Management Module)との違いとは?

MAMに似たFXシステムとして、 PAMM が存在します。PAMMとは割合分割管理モジュールの略称です。MAMもPAMMもFX取引をプロトレーダーに任せる点では同様ですが、取引の過程において違いが現れます。

MAMでは取引の過程と損益の両方が開示されますが、 PAMMでは損益のみが開示され取引の過程は開示されません。 同じ1万円の利益でも、MAMであれば3万円の利益確定と2万円の損切りによって生まれたものであるとわかりますが、PAMMであると利益が1万円生まれたことしかわかりません。

PAMMであると任せているトレーダーがどのようなリスク管理で運用しているか分からない怖さがあります。 また運用を任せたお金を損失で失ったことにして持ち逃げされても取引で失った場合と同様の結果が返されるため、判断がつきません。詐欺に巻き込まれる可能性もゼロではありません。

トレーダーを信頼し、全任せするつもりの方ならどちらの方式を選択しても結果は変わりませんが、トレーダーの成績やリスク管理などから様々な要素から任せる相手を考えたい方であれば、 PAMMでなくMAMの利用をおすすめします。

MAM/PAMMの仕組みとは?

MAM・PAMMでは出資者からお金を集め、集まったお金をトレーダーは運用していきます。そして運用から生まれた利益や損失を出資金額の比率に合わせて出資者に分配します。出資金額が大きいほど利益や損失は大きくなります。利益が生まれた際には利益の10%-30%がトレーダーの報酬になり、残りの利益を出資者で分配します。利益が出ず損失となった場合、出資金の比率に合わせて出資者は損失を背負います。

MAM(Multi Account Manager)のメリット

メリット①:トレードの経験・知識が乏しくても利益を出せる

MAMではプロのトレーダーに取引を全て任せます。そのため利用者であるあなたは取引の必要がなく、トレードの経験や知識が求められません。プロのトレーダーに任せてしまえば、利益が手に入ります。 経験や知識に関係なく利益が出せる点でMAMは優れています。

ただ自分で取引をしないため、FXの知識や経験が増えないという欠点があります。またトレードの知識や経験が少ないと、任せているトレーダーが優秀であるか判断できません。MAMを利用した投資を終わらせるタイミングを見切るためにも、ある程度の経験や知識は積みましょう。

メリット②:トレードに時間をかける必要がない

MAMではあなたに代わってプロのトレーダーが取引して利益を出してくれます。そのためあなたの時間が失われることはありません。時間をかけてなくて済むためにサラリーマンのように昼間に時間が取れない方でも利用しやすいでしょう。

メリット③:利益が出た場合のリターンが大きい

MAMで利益が出た場合、受け取れる金額が他の取引と比べて大きいです。 MAMの場合、利益はトレーダーと投資家で分配します。その比率はトレーダーが20%-30%、投資家が70%-80%であることが多いです。MAMの還元率は高く設定されていると言えます。

MAM(Multi Account Manager)のデメリット

デメリット①:必ず利益が出るとは限らない

信用できる実績や信頼を持っているトレーダーでないと、MAMの利用は怖いところです。

デメリット②:手数料が高い

任せるプロのトレーダーによって手数料は異なります。成績の良いトレーダーほど手数料は高く設定されています。そのため利益が出たとしても利益率があまり良くないかもしれません。本当に実力のあるトレーダーでなければMAMから利益を生むのは難しいかもしれません。

デメリット③:出金制限がある

MAMを利用すると口座に入金してから1ヶ月のロックアップが設定されている場合もあります。 ロックアップとは口座から出金できない制限のことです。ロックアップはトレーダーのトレード環境を守るために設けられています。出金が自由にできてしまうと、証拠金が変化しトレードの邪魔になる可能性が高いからです。またロックアップがなくとも、トレーダーがポジションを持っている際は出金できません。

MAM(Multi FXの基礎知識 Account Manager)の適法性

違法を疑われる場合、運営や会社に問題があると言えます。 MAMやPAMMを扱う場合、運営や会社は金融庁から金融商品取引法に関連する登録が必要になります。 この資格を持たずに運営を続けた場合、もちろん違法となり法的に問われます。違法となるのはこのパターンでしょう。

また他にもMAMやPAMMを取り扱っている中で違法のパターンはあります。それはMAMやPAMMに使用料を設けている場合です。使用料がかかる場合、紹介する会社も投資に関連する資格を持っていれば問題ないですが、そうでない場合は違法業者です。

海外の業者も一概に違法とは言えませんが、グレーゾーンであることが大多数です。何かトラブルが起きたとしても守ってもらうことはできず、全て自己責任となります。海外業者の中でも信頼できるところを見つけるか、無くなってもいいと思える金額で投資しましょう。

安全で確実に儲けたいのならば会員制の自動売買システムsecret FX

今回紹介するMAMとして secret FX があります。secret FXでは損失を最小限に抑え、利益を最大限に増やせます。MAMや自動売買システムの99%は利用者の資金を1年以内に溶かし切っていきます。しかしsecret FXは2年間稼働し続け、その間実績を積み上げ続けています。 事実、コロナ禍の急激な変動の起きた相場でも利益を生み出しています。

secret FXは年収10億円の実績を持つトレーダーが運用しており、人間の目でも見切れない部分はEAによって管理しています。相場の急変動や有事の際にはトレーダー自らが管理し、運用資金が放置されることのない体制を作っています。

secret FXは当WEBサイトからの紹介がないと会員になれないシステムです。 以下のボタンからLINE登録してもらうことで、開発者を直接ご紹介できます。気になる方はぜひLINE登録お願いします。

海外FXの始め方マニュアル|業者の選び方からおすすめの海外FX会社一覧、取引の流れ、入金出金、税金、基礎知識まで徹底解説

海外FXの使い方

実は、海外FXは昔に比べると、かなり参加するための敷居が低くなってきています。海外FXの口座開設は国内のFX業者と比較しても、そんなに難しくはありませんし、 日本語対応が充実している海外FX業者も今はたくさんあります。 国内FX利用者もその規制の多さから今はどんどん海外FXを利用するようになっていますし、使い方がわからないからと海外FX業者を利用しないのは、機会損失と言っても過言ではありませんね。

海外FXの魅力とは

海外FXには多くの魅力がありますが、その中で代表的なものと言えば、 「ハイレバレッジ」「ゼロカット」「ボーナス」の3点 です。FXの特徴であるレバレッジを最大限に活用でき、取引に利用できる豊富なボーナスが付与され、さらに口座資金以上の損失リスクがない。このようなトレードが海外FXでは実際に体験できます。

ハイレバレッジ取引が可能

これはつまり、資金を最大限有効に使った効率的なFX取引が可能ということになり、過剰なポジションを保有することはおすすめできませんが、 しっかりリスク管理をすれば少額の資金で多額の利益を出すことが可能 になります。

ゼロカットシステムの採用

ゼロカットシステムとは、 突然の価格の変動によって、口座資金残高がマイナスになってしまったとしても追証が発生しない仕組み のことです。よくFXや金融取引をしていて残高以上のマイナスが発生し追証が発生した=借金を背負ってしまったという話を聞くかもしれませんが、海外FXにおいてはそのような事態は発生しないということですね。

ゼロカットシステムを採用している海外FX業者では、 最大損失額は口座残高まで となるため、追証の発生を避けられます。そういう意味では追証が発生する国内FXよりも海外FXのほうが安心して取引ができると言えるのではないでしょうか。

豊富なボーナスの付与

このボーナスは取引専用ですので出金はできませんが、 ボーナスを使って出た利益は出金可能 です。取引可能な残高が増えるということは、それだけ 大きな取引ができたり余裕を持って取引ができる ということになりますね。例えば口座開設ボーナスを使えば、元金0で口座に入金しなくてもFX取引を体験することもできます。

海外FX業者を選んで、口座を開設する

海外FX業者の選び方

人気の高さで海外FX業者を選ぶ

レバレッジの高さやロスカット水準の低さで海外FX業者を選ぶ

海外FXの魅力でも説明した通り、レバレッジという言葉には「てこの原理のテコ」の意味があり、このレバレッジを利用すると 少ない証拠金で大きな金額を動かすことが可能 になります。日本国内では25倍に制限されていますが、海外FXでは200倍~3000倍と国内とは比較にならないほど大きなレバレッジをかけられます。

またレバレッジと並んで重要なのがロスカット水準。ロスカットとはFX業者による強制損切りのことですね。「これ以上ポジションを保有すると危険だ」とFX業者が判断する水準を下回ると、強制的にポジションが決済されてしまいます。このロスカット水準が低いほど、ロスカットされる可能性が少ないので ギリギリまでポジションを保有でき、トレードの幅も広がって FXの基礎知識 いきます。

ボーナスの豪華さ・豊富さで海外FX業者を選ぶ

FX業者や口座タイプによっては、そもそも ボーナスを用意していなかったり対象外であったりするので口座開設をする前に確認が必要 です。またほとんどの業者ではボーナス自体を出金することはできません。種類も非常に多くありますので、それぞれの特長を少しでも頭に入れておくといいですね。

安全性の高さで海外FX業者を選ぶ

つまり海外FX業者が信頼できるかどうかという安全性の高さは、海外FXを利用する上でとても重要といえます。口座開設して取引を始める前に、 できるだけ情報収集をして安全な海外FX業者を選ぶ必要 があります。

スプレッドの低さで海外FX業者を選ぶ

自分がトレードする主な通貨ペアは何か、どんな取引スタイルなのかをしっかり分析して適切な業者を選べば、 取引コストを抑えて利益を伸ばせる可能性が高くなります。

海外FXで自動売買をしたい

FXトレードには自分で取引の判断を下す「裁量取引」と、エントリーや決済を事前にプログラムしたEAを稼働させる「自動売買取引」があります。 自動売買はチャートを見る必要もなく稼働させておくだけで注文から決済まで全て完了してくれるため、取引する時間がない人や裁量トレードと合わせてリスク分散のために利用する人 もいますね。

そして 海外FX業者の中には口座開設をした人を対象にEAを無償で提供している業者があります 。それがボーナスの部分でも紹介したGemForexですね。なんと数万円もするEAでさえも無償で提供しており、特に手数料を上乗せされることはありません。GemForexに口座開設するだけでEAの無料配布サービスを利用できるようになっています。

どの業者がよいかわからないという人はまずXMがおすすめ

ここまで様々な視点で海外FX業者の選び方をみてきましたが、自分ですべて調べて選ぶのはハードルが高いと感じる人もいるかもしれません。そんな時は 海外FX業者の中の最大手であるXMでまず口座開設してみることをおすすめ します。

そういう意味において、 XMはどの観点で見ても標準以上のレベルを備えており、海外FXを始めるのであれば、ぜひ口座開設をしておきたい業者 と言えます。

口座タイプを選んで口座開設する

海外FX業者のホームページを見ると、口座タイプも様々な種類が用意されていることがわかると思います。 口座の種類によって、レバレッジやボーナス、各取引条件が異なってきますので、口座タイプの違いやそれぞれのメリット・デメリットをしっかり理解した上で、自分に合ったものを選ぶ必要がある というわけですね。

STP口座・スプレッドが広めだが手数料無料
・レバレッジが高く豊富なボーナスが用意されていることが多い
ECN口座・スプレッドは狭めだが手数料あり
・レバレッジは低めでボーナスがないことが多い
・最低入金額・取引量が高めに設定されている場合も

逆にECN口座はレバレッジが抑えられていたりボーナスがないなどの制限があることが多いですが、取引コストは抑えやすくなっています。 トレーダーがスプレッドなどの取引コストを重視するのか、レバレッジやボーナスなどを優先するのかによって選ぶ口座が異なる というわけですね。

取引プラットフォームをインストールする

FX業者の口座開設が完了したら、次は取引プラットフォームをインストールしましょう。この取引プラットフォームは海外FX業者によってMT4やcTrader、Currenexなど、いくつかの種類が提供されています。中でも、最もメジャーでほとんどの業者で採用されているのが「MT4(エム ティー フォー)」ですね。

口座に入金する

XMなど 一部の海外FX業者は国内銀行送金に対応 しており、この場合は国内間での資金の移動になるため、早くて安心で便利な入金方法と言えます。国内送金が使える場合はこの方法が最もおすすめの入金手段ですね。またクレジットカードを使った入金も、海外FXを利用する際は比較的一般的な入金手段となります。

取引の利益を出金する

入金が完了して実際に取引を行い、利益が出れば次は出金する必要がありますね。出金の際も入金と同様に様々な方法がありますが、海外とのお金のやり取りにはマネーロンダリングという犯罪を避けるため様々な規制があります。 不安なく海外FXを始めるためにも出金の方法を知っておくことは非常に重要 ですね。

個人的に最もおすすめの出金方法はbitwalletを使った出金 です。bitwalletはオンライン上にお金を保管する、いわゆるオンラインウォレットと呼ばれるサービス。入出金が非常に簡単で、国内の銀行と海外FX業者間の資金移動を中継する役割を果たしてくれます。

対応している海外FX業者からbitwalletへの出金は手数料が無料になっている場合が多く、費用が発生するのはbitwalletから国内の銀行口座に出金する時のみ。また、この 国内銀行への出金手数料も、海外FX業者から直接国際送金するよりも大幅に安く824円 となっています。

bitwallet上にお金を保管しておけば、 FXの基礎知識 対応している海外FX業者に簡単に入金が可能ですし、資金移動がすぐにできることもメリットのひとつ で、海外FXを利用する場合はぜひ使うようにしたいサービスと言えます。

【FX初心者向け】MAM FXとは?基礎知識をわかりやすく解説!

その他の不動産投資

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

結論から申し上げると、基礎知識を理解したうえでmam fxを利用すれば損失リスクを大幅に減らすことができます。

世間では、FXは初心者の大半が損をするといわれています。これは紛れもない事実です。なぜなら、プロトレーダーと投資初心者が勝負しても勝敗は明らかだからです。

初心者が勝つためには何をすべきか。 それはMAMや自動売買を利用すべきです。 MAMの場合、実際の投資はプロトレーダーが行い、自動売買の場合、実際の投資を行うのはプロの投資家が作ったツールが行います。どちらもプロの力を借りて投資を行う点で共通します。プロの頭脳を借りることが初心者にとって成果をあげるための一番の近道であることは間違いありません。

他のサイトでは結果として1年以内に資産を溶かされてしまうような詐欺まがいの自動売買ソフトをおすすめされますが、 当記事では実績を2年以上出し続けている会員制MAMシステムへ招待することができます。

MAM(Multi Account Manager)とは?

MAMとはマネージドアカウントというFXの取引手法です 。具体的にはFX運用を自分でない別のトレーダーに委託する運用方法のことです。システムでなく、トレーダーが実際に運用してくれます。

MAMではFX口座に入金することで、トレーダーにFX運用を任せることができます。運用成績は取引が行われる度に更新されるために、損益も即座に反映されます。利益や損失は口座に預けた資金の大きさに比例して、利用者間で分配されます。

PAMM(Percentage Allocation Management Module)との違いとは?

MAMに似たFXシステムとして、 PAMM が存在します。PAMMとは割合分割管理モジュールの略称です。MAMもPAMMもFX取引をプロトレーダーに任せる点では同様ですが、取引の過程において違いが現れます。

MAMでは取引の過程と損益の両方が開示されますが、 PAMMでは損益のみが開示され取引の過程は開示されません。 FXの基礎知識 同じ1万円の利益でも、MAMであれば3万円の利益確定と2万円の損切りによって生まれたものであるとわかりますが、PAMMであると利益が1万円生まれたことしかわかりません。

PAMMであると任せているトレーダーがどのようなリスク管理で運用しているか分からない怖さがあります。 また運用を任せたお金を損失で失ったことにして持ち逃げされても取引で失った場合と同様の結果が返されるため、判断がつきません。詐欺に巻き込まれる可能性もゼロではありません。

トレーダーを信頼し、全任せするつもりの方ならどちらの方式を選択しても結果は変わりませんが、トレーダーの成績やリスク管理などから様々な要素から任せる相手を考えたい方であれば、 PAMMでなくMAMの利用をおすすめします。

MAM/PAMMの仕組みとは?

MAM・PAMMでは出資者からお金を集め、集まったお金をトレーダーは運用していきます。そして運用から生まれた利益や損失を出資金額の比率に合わせて出資者に分配します。出資金額が大きいほど利益や損失は大きくなります。利益が生まれた際には利益の10%-30%がトレーダーの報酬になり、残りの利益を出資者で分配します。利益が出ず損失となった場合、出資金の比率に合わせて出資者は損失を背負います。

MAM(Multi Account Manager)のメリット

メリット①:トレードの経験・知識が乏しくても利益を出せる

MAMではプロのトレーダーに取引を全て任せます。そのため利用者であるあなたは取引の必要がなく、トレードの経験や知識が求められません。プロのトレーダーに任せてしまえば、利益が手に入ります。 経験や知識に関係なく利益が出せる点でMAMは優れています。

ただ自分で取引をしないため、FXの知識や経験が増えないという欠点があります。またトレードの知識や経験が少ないと、任せているトレーダーが優秀であるか判断できません。MAMを利用した投資を終わらせるタイミングを見切るためにも、ある程度の経験や知識は積みましょう。

メリット②:トレードに時間をかける必要がない

MAMではあなたに代わってプロのトレーダーが取引して利益を出してくれます。そのためあなたの時間が失われることはありません。時間をかけてなくて済むためにサラリーマンのように昼間に時間が取れない方でも利用しやすいでしょう。

メリット③:利益が出た場合のリターンが大きい

MAMで利益が出た場合、受け取れる金額が他の取引と比べて大きいです。 MAMの場合、利益はトレーダーと投資家で分配します。その比率はトレーダーが20%-30%、投資家が70%-80%であることが多いです。MAMの還元率は高く設定されていると言えます。

MAM(Multi Account Manager)のデメリット

デメリット①:必ず利益が出るとは限らない

信用できる実績や信頼を持っているトレーダーでないと、MAMの利用は怖いところです。

デメリット②:手数料が高い

任せるプロのトレーダーによって手数料は異なります。成績の良いトレーダーほど手数料は高く設定されています。そのため利益が出たとしても利益率があまり良くないかもしれません。本当に実力のあるトレーダーでなければMAMから利益を生むのは難しいかもしれません。

デメリット③:出金制限がある

MAMを利用すると口座に入金してから1ヶ月のロックアップが設定されている場合もあります。 ロックアップとは口座から出金できない制限のことです。ロックアップはトレーダーのトレード環境を守るために設けられています。出金が自由にできてしまうと、証拠金が変化しトレードの邪魔になる可能性が高いからです。またロックアップがなくとも、トレーダーがポジションを持っている際は出金できません。

MAM(Multi Account Manager)の適法性

違法を疑われる場合、運営や会社に問題があると言えます。 MAMやPAMMを扱う場合、運営や会社は金融庁から金融商品取引法に関連する登録が必要になります。 この資格を持たずに運営を続けた場合、もちろん違法となり法的に問われます。違法となるのはこのパターンでしょう。

また他にもMAMやPAMMを取り扱っている中で違法のパターンはあります。それはMAMやPAMMに使用料を設けている場合です。使用料がかかる場合、紹介する会社も投資に関連する資格を持っていれば問題ないですが、そうでない場合は違法業者です。

海外の業者も一概に違法とは言えませんが、グレーゾーンであることが大多数です。何かトラブルが起きたとしても守ってもらうことはできず、全て自己責任となります。海外業者の中でも信頼できるところを見つけるか、無くなってもいいと思える金額で投資しましょう。

安全で確実に儲けたいのならば会員制の自動売買システムsecret FX

今回紹介するMAMとして secret FX があります。secret FXでは損失を最小限に抑え、利益を最大限に増やせます。MAMや自動売買システムの99%は利用者の資金を1年以内に溶かし切っていきます。しかしsecret FXは2年間稼働し続け、その間実績を積み上げ続けています。 事実、コロナ禍の急激な変動の起きた相場でも利益を生み出しています。

secret FXは年収10億円の実績を持つトレーダーが運用しており、人間の目でも見切れない部分はEAによって管理しています。相場の急変動や有事の際にはトレーダー自らが管理し、運用資金が放置されることのない体制を作っています。

secret FXは当WEBサイトからの紹介がないと会員になれないシステムです。 以下のボタンからLINE登録してもらうことで、開発者を直接ご紹介できます。気になる方はぜひLINE登録お願いします。

海外FXの始め方マニュアル|業者の選び方からおすすめの海外FX会社一覧、取引の流れ、入金出金、税金、基礎知識まで徹底解説

海外FXの使い方

実は、海外FXは昔に比べると、かなり参加するための敷居が低くなってきています。海外FXの口座開設は国内のFX業者と比較しても、そんなに難しくはありませんし、 日本語対応が充実している海外FX業者も今はたくさんあります。 国内FX利用者もその規制の多さから今はどんどん海外FXを利用するようになっていますし、使い方がわからないからと海外FX業者を利用しないのは、機会損失と言っても過言ではありませんね。

海外FXの魅力とは

海外FXには多くの魅力がありますが、その中で代表的なものと言えば、 「ハイレバレッジ」「ゼロカット」「ボーナス」の3点 です。FXの特徴であるレバレッジを最大限に活用でき、取引に利用できる豊富なボーナスが付与され、さらに口座資金以上の損失リスクがない。このようなトレードが海外FXでは実際に体験できます。

ハイレバレッジ取引が可能

これはつまり、資金を最大限有効に使った効率的なFX取引が可能ということになり、過剰なポジションを保有することはおすすめできませんが、 しっかりリスク管理をすれば少額の資金で多額の利益を出すことが可能 になります。

ゼロカットシステムの採用

ゼロカットシステムとは、 突然の価格の変動によって、口座資金残高がマイナスになってしまったとしても追証が発生しない仕組み のことです。よくFXや金融取引をしていて残高以上のマイナスが発生し追証が発生した=借金を背負ってしまったという話を聞くかもしれませんが、海外FXにおいてはそのような事態は発生しないということですね。

ゼロカットシステムを採用している海外FX業者では、 最大損失額は口座残高まで となるため、追証の発生を避けられます。そういう意味では追証が発生する国内FXよりも海外FXのほうが安心して取引ができると言えるのではないでしょうか。

豊富なボーナスの付与

このボーナスは取引専用ですので出金はできませんが、 ボーナスを使って出た利益は出金可能 です。取引可能な残高が増えるということは、それだけ 大きな取引ができたり余裕を持って取引ができる ということになりますね。例えば口座開設ボーナスを使えば、元金0で口座に入金しなくてもFX取引を体験することもできます。

海外FX業者を選んで、口座を開設する

海外FX業者の選び方

人気の高さで海外FX業者を選ぶ

レバレッジの高さやロスカット水準の低さで海外FX業者を選ぶ

海外FXの魅力でも説明した通り、レバレッジという言葉には「てこの原理のテコ」の意味があり、このレバレッジを利用すると 少ない証拠金で大きな金額を動かすことが可能 になります。日本国内では25倍に制限されていますが、海外FXでは200倍~3000倍と国内とは比較にならないほど大きなレバレッジをかけられます。

またレバレッジと並んで重要なのがロスカット水準。ロスカットとはFX業者による強制損切りのことですね。「これ以上ポジションを保有すると危険だ」とFX業者が判断する水準を下回ると、強制的にポジションが決済されてしまいます。このロスカット水準が低いほど、ロスカットされる可能性が少ないので ギリギリまでポジションを保有でき、トレードの幅も広がって いきます。

ボーナスの豪華さ・豊富さで海外FX業者を選ぶ

FX業者や口座タイプによっては、そもそも ボーナスを用意していなかったり対象外であったりするので口座開設をする前に確認が必要 です。またほとんどの業者ではボーナス自体を出金することはできません。種類も非常に多くありますので、それぞれの特長を少しでも頭に入れておくといいですね。

安全性の高さで海外FX業者を選ぶ

つまり海外FX業者が信頼できるかどうかという安全性の高さは、海外FXを利用する上でとても重要といえます。口座開設して取引を始める前に、 できるだけ情報収集をして安全な海外FX業者を選ぶ必要 があります。

スプレッドの低さで海外FX業者を選ぶ

自分がトレードする主な通貨ペアは何か、どんな取引スタイルなのかをしっかり分析して適切な業者を選べば、 取引コストを抑えて利益を伸ばせる可能性が高くなります。

海外FXで自動売買をしたい

FXトレードには自分で取引の判断を下す「裁量取引」と、エントリーや決済を事前にプログラムしたEAを稼働させる「自動売買取引」があります。 自動売買はチャートを見る必要もなく稼働させておくだけで注文から決済まで全て完了してくれるため、取引する時間がない人や裁量トレードと合わせてリスク分散のために利用する人 もいますね。

そして 海外FX業者の中には口座開設をした人を対象にEAを無償で提供している業者があります 。それがボーナスの部分でも紹介したGemForexですね。なんと数万円もするEAでさえも無償で提供しており、特に手数料を上乗せされることはありません。GemForexに口座開設するだけでEAの無料配布サービスを利用できるようになっています。

どの業者がよいかわからないという人はまずXMがおすすめ

ここまで様々な視点で海外FX業者の選び方をみてきましたが、自分ですべて調べて選ぶのはハードルが高いと感じる人もいるかもしれません。そんな時は 海外FX業者の中の最大手であるXMでまず口座開設してみることをおすすめ します。

そういう意味において、 XMはどの観点で見ても標準以上のレベルを備えており、海外FXを始めるのであれば、ぜひ口座開設をしておきたい業者 と言えます。

口座タイプを選んで口座開設する

海外FX業者のホームページを見ると、口座タイプも様々な種類が用意されていることがわかると思います。 口座の種類によって、レバレッジやボーナス、各取引条件が異なってきますので、口座タイプの違いやそれぞれのメリット・デメリットをしっかり理解した上で、自分に合ったものを選ぶ必要がある というわけですね。

STP口座・スプレッドが広めだが手数料無料
・レバレッジが高く豊富なボーナスが用意されていることが多い
ECN口座・スプレッドは狭めだが手数料あり
・レバレッジは低めでボーナスがないことが多い
・最低入金額・取引量が高めに設定されている場合も

逆にECN口座はレバレッジが抑えられていたりボーナスがないなどの制限があることが多いですが、取引コストは抑えやすくなっています。 トレーダーがスプレッドなどの取引コストを重視するのか、レバレッジやボーナスなどを優先するのかによって選ぶ口座が異なる というわけですね。

取引プラットフォームをインストールする

FX業者の口座開設が完了したら、次は取引プラットフォームをインストールしましょう。この取引プラットフォームは海外FX業者によってMT4やcTrader、Currenexなど、いくつかの種類が提供されています。中でも、最もメジャーでほとんどの業者で採用されているのが「MT4(エム ティー フォー)」ですね。

口座に入金する

XMなど 一部の海外FX業者は国内銀行送金に対応 しており、この場合は国内間での資金の移動になるため、早くて安心で便利な入金方法と言えます。国内送金が使える場合はこの方法が最もおすすめの入金手段ですね。またクレジットカードを使った入金も、海外FXを利用する際は比較的一般的な入金手段となります。

取引の利益を出金する

入金が完了して実際に取引を行い、利益が出れば次は出金する必要がありますね。出金の際も入金と同様に様々な方法がありますが、海外とのお金のやり取りにはマネーロンダリングという犯罪を避けるため様々な規制があります。 不安なく海外FXを始めるためにも出金の方法を知っておくことは非常に重要 ですね。

個人的に最もおすすめの出金方法はbitwalletを使った出金 です。bitwalletはオンライン上にお金を保管する、いわゆるオンラインウォレットと呼ばれるサービス。入出金が非常に簡単で、国内の銀行と海外FX業者間の資金移動を中継する役割を果たしてくれます。

対応している海外FX業者からbitwalletへの出金は手数料が無料になっている場合が多く、費用が発生するのはbitwalletから国内の銀行口座に出金する時のみ。また、この 国内銀行への出金手数料も、海外FX業者から直接国際送金するよりも大幅に安く824円 となっています。

bitwallet上にお金を保管しておけば、 対応している海外FX業者に簡単に入金が可能ですし、資金移動がすぐにできることもメリットのひとつ で、海外FXを利用する場合はぜひ使うようにしたいサービスと言えます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる