デイトレード

FXのスプレッドとは

FXのスプレッドとは

FXでは以下のように、さまざまな名目で手数料が存在します。

イタリア債利回り上昇 スプレッドの拡大はユーロを圧迫=NY為替

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng FXのスプレッドとは Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

FXの手数料が安いおすすめ口座を徹底比較|スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説


FXでは以下のように、さまざまな名目で手数料が存在します。

しかし 大半の業者では上記の手数料を一切取っていません。
実際にFXで手数料が発生するのは、自動売買口座で取引した際に発生する「売買手数料」のみと言ってもいいでしょう。
FXが手数料0円で成立する理由は、投資家と業者が直接取引していることでコストが発生しない仕組みになっているからです。
手数料を受け取らない代わりに、FX業者は「スプレッド」という形で儲けを確保しています。
FXで得た利益をご自身の手元に多く残すためには、スプレッドの狭い口座を選ぶ必要があります。
ただしFXでも自動売買による取引では、手数料を求められるサービスが多いです。
自分で取引タイミングを好きなように決められる裁量取引と違って、自動売買取引では「片道○○円」という形で手数料が課されます。
しかし自動売買口座でも手数料無料で取引できるサービスもあり、それについても後述で紹介しています。

FXの実質的な手数料はスプレッド


手数料を一切取っていないFX業者でも、スプレッドという形で実質的に手数料を取っています。
スプレッドはどこのFXサービスでも課しており、取引する上では確実に差し引かれます。 FXのスプレッドとは
通貨ペアによってそれぞれ異なり、先進国の通貨ほど低めで、反対に新興国ほど高めとなっているのが特徴です。
ここではスプレッドについて解説します。

そもそもスプレッドとは

FXにおけるスプレッドとは、 通貨ごとに設定されている為替レートの売値と買値の差 です。
通貨の売値と買値の間には差あり、それが広がっている時ほど利益が出たときの取り分が少なくなってしまいます。
利益が出たときに少しでも手元に残したいときは、売値と買値の差が小さい口座で取引する必要があります。
スプレッドは各FXサービスの公式HPにて掲載しているので、口座開設の際は見比べながら検討してみましょう。

スプレッドと単位

スプレッドを表す単位は2種類あり、 通貨ペアに「円」を含むかどうか で異なります。

スプレッドの計算方法

スプレッドの計算方法は以下の通りです。
・スプレッド=買値(ASK)-売値(BID)
例えば米ドル円の買値110.392円/ドル、売値110.390円/ドルのスプレッドを求める場合の計算式は以下の通りです。
・110.392-110.390=0.002円⇒0.2銭 FXのスプレッドとは
またユーロドルの買値1.17970、売値1.17964の場合のスプレッドは以下の通りです。
・1.17970-1.17964=0.00006⇒0.6pips
pipsは小数点第4位の数値が起点になるため、上記のようになります。
計算例からスプレッドは少額のように思えますが、実際のFXでは取引回数が多いためにかさんでしまうことが多いです。
取引を多く行ったことでスプレッドが積もってしまい、結果として手元に残る利益が少なくなるのです。

FX手数料が安いおすすめ口座比較5


FX手数料・スプレッドが安い口座を5つ紹介します。

SBI FXトレード

ネット証券の大手「SBI証券」のSBIグループが提供しているFXサービスが「SBI FXトレード」です。
スプレッドは最安級で2021/7/8時点の米ドル円はたったの0.09銭でした。
さらに最低取引可能通貨は1通貨と少額の資金から始められるのも、SBI FXトレードのメリットです。
大半のFXサービスは1,000もしくは10,000通貨からが多いため、そのようなサービスで始める場合は最低でも数万~数十万円が必要になります。
しかしSBI FXトレードのように1通貨であれば100円でも十分に始められるので、少額からのコツコツ投資が可能です。

レバレッジは2倍以内がおすすめです。そして、使う口座はSBIFXトレードいいでしょう。なぜなら、SBIFXトレードはドル円のスワップが高く、ユーロ円売りもプラススワップ。そして、なにより1ドルから投資ができるので、少額からコツコツ投資ができるからです。

— 官兵衛@投資家 (@kanbei_toushi) July 11, 2021


SBI FXトレードは少額からFXを始めたい人におすすめ のサービスです。

セントラル短資FX

「セントラル短資FX」では口座開設後に50万通貨以上の新規取引をすれば、最大50万円のキャッシュバックを受けられます。
適用されるための取引数量はかなり多いですが、ここまでキャッシュバック額が手厚いサービスは他にありません。
他にもさまざまな取引ツールを提供しており、PC・スマホ合わせて9つのツールから好きに選べます。
機能が豊富な点はユーザーからの評判が良いです。


またセントラル短資FXには、口座開設によりレジャー・ショッピング等で使える優待特典があります。
ホテル・映画館・遊園地など全国200,000ヵ所以上の店舗で提携しているため、あなたの生活県内でも利用できるでしょう。
FXで利益を得ながら休日の娯楽をお得に、なんてこともできるかもしれません。
セントラル短資FXは手数料を抑えつつ、便利なツールを利用しながらFXしたい人におすすめです。

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)

「外貨ネクストネオ」では会員向けに定期的にオンラインセミナーを開催しており、限定情報を仕入れられます。
FX始めたてで知識がない人にとっては勉強するいい機会なので、初心者にもおすすめのサービスです。
またデモ体験も可能となっているため、本取引前にFXの流れを掴んでおきたい人は触れてみるのもいいでしょう。
本取引の際には業者側が24時間サポート対応をしてくれるので、安心して取引ができるようになっています。
夕方にはサポートセンターを閉めてしまうサービスが多い中、夜間に集中的に取引をする初心者にとって心強いはずです。 FXのスプレッドとは
外貨ネクストネオの評判を見てみたところ、「使いやすい」という声があったため、初心者でもとっつきやすいでしょう。


「勉強しながらFXを始めたい」という人に外資ネクストネオがおすすめ です。

LION FX(ヒロセ通商)

「LION FX」の最大の特徴は、50種類もの取引通貨ペアに対応していることです。
「このペアで取引出来たら利益が大きそうなんだけどな」と考える上級者の理想をかなえてくれるくらい豊富に揃えているので、上手く活用すれば大きな利益を出せるかもしれません。
主要通貨ペアはもちろん、LION FXでしか取り扱っていないようなものもあるため、投資先に困るようなことはないはずです。
取引に用いるツールも合計14種あるため、ご自身に合うものを選べるようになっています。

#株っちスタイル
株っちは株式投資では #SBI証券 FXでは #LIONFX をメインで使っているっち。使いやすさと手数料の安さの総合力ではこの2社がいいっちね。
みんなも使い慣れた証券会社がいいっちよね😄
LIONFXは、スプレッドが狭いのと通貨ペアが多いっちから、デイトレードに向いているっち。

— 株っち (@kabuttionline) June 23, 2021


またLION FXでは注文方法が27種類もあり、「2021年オリコン顧客満足度ランキングFX取引通貨ペア・発注方法第1位」に選ばれているほどです。
注文方法は状況に応じて使い分けることで、より大きな利益を狙える可能性があります。
FXの経験がそこそこある方は、分析ツールが豊富なLIONFXがおすすめ です。

LION FXの詳細は以下の記事で解説しているので、こちらも併せてご覧ください。
2022年3月8日 ヒロセ通商(LION FX)の口コミ評判は実際どう?デメリットやおすすめポイントを初心者向けに紹介

LIGHT FX(トレイダーズ証券)

「LIGHT FX」ではFX取引に高処理システムを採用しているため、約定率の高さに定評があります。
「約定」とはFX注文を成立させること。約定率が高いほどリアルタイムに近いレートでの取引が可能です。
約定率の低いサービスでは注文が成立するまでにレートが下がってしまうと、想定していた利益よりも低く出てしまうリスクがあります。 FXのスプレッドとは
約定率が高いことで狙い通りの取引が可能になり、しっかりと利益を確保できるようになります。
また近年のコロナ禍の影響によりサポートセンターを夕方に閉めてしまうFXサービスが多い中で、LIGHT FXでは22時まで対応してくれます。
仕事終わりのサラリーマンが取引する際に何かあったときに対応してもらえるのもメリットの一つです。
ちなみにLIGHT FXの評判を見てみたところ、「初心者に優しい仕様」という声がありました。

LIGHT FXに実効レバレッジ表記ついたねぇ〜〜〜前から結構初心者に優しい仕様だったけどさらに優しくなってる!

— さち (@hisatino) July 12, 2021


約定率の高いハイスペックなシステムで取引をしたい方に、LIGHT FXがおすすめ です。

FX手数料が安いおすすめ自動売買口座比較5


FX手数料が安いおすすめの自動売買口座を5つ比較してみました。

自動売買口座は普通のFX口座と違って自動で買い注文から決済注文まで行ってくれますが、サービスによっては売買手数料がかかります。
またスプレッドも全体的に高めとなっているため、通常のFXに比べてコストがかさむ傾向にあります。
ここからは各口座の詳細を解説します。

ループ・イフダン(アイネット証券)

アイネット証券の「ループイフダン」では売買手数料が無料なため、繰り返し取引を行う自動売買でも最小限のコストで済みます。
FXの自動売買では短時間に複数回の取引を行う状況もあるため、売買手数料が無料になるだけでかなりまとまった金額を手元に残せるでしょう。
利用者の資産が平均で27%もアップした実績もあるため、ほったらかしにするだけで利益を得られる可能性は十分にあります。
また初心者利用者が66%を占めることから、初めてFXの自動売買を行う方でも安心して取引を行えるでしょう。 FXのスプレッドとは
売買手数料をかけずに取引したい方は、ループ・イフダンがおすすめ です。

トライオートFX(インヴァスト証券)

「トライオートFX」は他の自動売買口座に比べて、スプレッドが狭いのがメリットです。
裁量取引型のFX口座のスプレッドに比べると自動売買口座では、米ドル円の場合で1銭を超えるサービスも一定数あります。
しかしトライオートFXのスプレッドは通常のFX口座と同水準程度、自動売買口座の中ではかなり狭い数値です。
ほったらかしにしてお金を増やせる可能性があるだけでなく、増えたお金が手元に多く残せるのです。
設定を自由にカスタマイズできる機能もあるので、慣れてきた人にとっても満足のいく取引が実現できるでしょう。
スプレッドの低さで自動売買口座を選びたい方に、トライオートFXはおすすめ FXのスプレッドとは FXのスプレッドとは です。

トラッキングトレード(FXブロードネット)

「トラッキングトレード」は時間帯によってスプレッドが変動する仕組みになっています。
午前8時から翌午前4時までの取引が活発な時間帯であれば、自動売買口座の中ではトップクラスに狭いスプレッドです。
取扱い通貨ペアも24と自動売買口座の中では多いため、さまざまな通貨への投資が可能です。
また利益実績率が84.8%と高水準のため、少しでも確実に利益を出したい人とって検討の余地がある口座の一つと言えます。
自動売買口座でさまざまな通貨ペアの取引をしたい方は、トレッキングトレードがおすすめ です。
ただし午前8時から翌午前4時以外の時間帯ではスプレッドが広がる仕組みになっており、一例として午前7~8時の英ポンド円の場合で25.0銭となっています。
そのため24時間取引をしたい方は、想定よりもコストがかかってしまうので注意が必要です。

トラリピ(マネースクエア)

「トラリピ」では新規決済と注文決済を同時に行える機能があります。 FXのスプレッドとは
利益を確定させながら再度同額で注文を掛けられ、再現性のある取引が可能です。
トラリピでも売買手数料が無料となっているため、余計なコストをかけずに取引できます。
またクイック入金にも対応しているため、入金してすぐに取引を行えるのもメリットです。
売買手数料のかからない自動売買口座を利用したい方に、トラリピがおすすめ です。

iサイクル2取引(外為オンライン)

「iサイクル2取引」の特徴は相場を自動で追従する機能により、合理的な取引が可能になります。
24通貨ペアの取り扱いがあるため、お好きな通貨を選べるのもメリットの一つです。
さらにiサイクル2取引では「ランキング方式」「マトリクス方式」「ボラティリティ方式」の3種類の方法から選べるため、資金・通貨の好み・値動きの幅などに合わせてお好きな取引ができます。
数多くの通貨ペアで自動売買を行いたい方に、iサイクル2取引がおすすめ です。

【Q&A】FXの手数料(スプレッド)に関するよくある質問

質問

  • 変動スプレッドと原則固定スプレッドとは?
  • スプレッドが広がりやすい時間とは?
  • スプレッドと約定力の関係は?
  • 仮想通貨と比較して手数料が安いのはどっち?
  • 外貨預金と比較して手数料が安いのはどっち?

変動スプレッドと原則固定スプレッドとは?

レートや時間帯によって変わるのが「変動スプレッド」、常時同じ数値で取引ができるのが「原則固定スプレッド」です。
変動スプレッドではレートが変わるのに伴い、広がったり縮まったりします。
一方の原則固定スプレッドはレートが変動しても常に一定のスプレッドでの取引が可能です。
原則固定スプレッドでは利益・コストを把握しやすいメリットがあります。
一方の変動スプレッドではコストが読みにくい部分もありますが、うまく活用すれば原則固定スプレッドよりも手元にお金を残せる可能性があります。
「変動スプレッド」と「原則固定スプレッド」とも長所短所がある ので、お好きなスプレッド方式で取引するといいでしょう。

スプレッドが広がりやすい時間とは?

スプレッドが広がりやすい時間帯は主に 「市場参加者が少ない時間帯」「重要な経済指標の発表前後」 の2つがあります。
FXでは取引数が低下することで、スプレッドが広がる傾向にあります。
午前5~8時の早朝の時間帯や年末年始・クリスマス休暇などは取引数が大幅に減ってしまうため、スプレッドが広がりやすいです。
また重要な経済指標の発表前後でも取引参加者が減る傾向にあり、結果的にスプレッドが広がってしまいます。
重要な経済指標を表す要素の一例が以下の通りです。

上記の項目のいずれかに動きがありそうな時は投資家たちは様子を見るため、FX市場の流動性が低下してしまいます。
スプレッドが広がりやすい時間帯に注意しながら取引をすれば、より多くの利益を手元に残せるようになるでしょう。
参考:#7 スプレッド、手数料について|FFAJの学ぼう!FX

スプレッドと約定力の関係は?

スプレッドと約定力の関係性については「変動スプレッド」を採用しているサービスであれば影響を受けます。
約定力が低いと注文成立までの間にスプレッドが広がった場合に、想定よりも利益が低くなってしまうことがあります。
しかし約定力が高ければ、スプレッドに変動が起きたとしても狙い通りの注文が行えるでしょう。
約定力はスプレッドだけでなくレート変動にも大きく影響を受けるので、高いに越したことはありません。
これからFX口座の開設を検討されている方は、 できる限り約定力が高いサービスを選ぶのがおすすめ です。

仮想通貨と比較して手数料が安いのはどっち?

FXと仮想通貨の どちらが手数料が安いかは、取引内容によって異なります。
仮想通貨では以下の名目で手数料がかかります。

上記の中で「口座開設手数料」「日本円入出金手数料」「仮想通貨入金/送金手数料」の3つは手数料無料であるサービスがほとんどです。
FXの方が仮想通貨と比べると取引回数が必然的に多くなることから、スプレッドがかさんで高くついてしまうケースが多いでしょう。
とはいえ仮想通貨取引においても通貨によってスプレッドが大きい取引では利益が低くなるため、一概にどちらが高いかの比較は難しいです。

外貨預金と比較して手数料が安いのはどっち?

FXと外貨預金の手数料を比較した場合、基本的に 外貨預金の方が高めに設定されている ことが多いです。
例えば米ドル円の場合、FXでは0.2-2銭であるのに対し、外貨預金では20-50銭となっています。
ただし外貨預金は長期間保有するのに対してFXでは短期取引がメインであるため、取引回数によってはFXの方がトータル手数料が高くなるケースもあります。
取引内容によって手数料は大きく変わるので、必ずしもスプレッドが低めのFXの方が手元に多くの利益を残せるとは限らないのです。

FXの手数料(スプレッド)まとめ


FX取引にあたってさまざまな名目で手数料が設けられていますが、実際には0円で済むサービスが大半です。
手数料の代わりにコストとして掛かるのが、スプレッドです。
通貨によって差はありますが、米ドル円の場合だと0.2-2銭かかります。
そのため 少しでも自身の手元に利益を残したいときは、スプレッドが低めのサービスで口座を開設する のがおすすめです。
またスプレッドは時間帯によっても変動することがあり、主に早朝5~8時だと広がりやすい傾向があります。
そのため取引数が多い日中・夜であればスプレッドが狭い状態で行えるので、その時間帯を狙って取引をしてみましょう。

FOMC 注目集まる利上げ幅の行方

-FOMC 注目集まる利上げ幅の行方-
本日は、中国小売売上高、米小売売上高、NY連銀製造業景気指数、ラガルド総裁の講演、FOMC政策金利と声明発表、パウエルFRB議長の会見と重要イベントが多数予定されており、日米金利差拡大の見方から本日もボラティリテイの高い相場となりそうです。
日銀は本日の国債買い入れ額の増額を通知しており、金利抑制への強い姿勢を示している一方でFOMCでは、先日発表されたCPIの結果を受けて1994年以来となる0.75%の利上げ観測が急激に高まり、市場では今朝時点で90%以上の確率で実施されると予想されています。また同日発表される声明文とドット・プロットによる政策金利見通しについての言及にも注目です。短期金利市場では1年後には4%を上回る水準まで利上げが実施されると織り込まれており、利上げペースに関する声明から動意づくことも考えられます。
また最新の四半期経済予測の発表も予定されており、結果次第では利上げによる景気後退リスクが再燃するかもしれません。しかし足元のドル円は連日高値を更新し続けているため140円に向けた上昇圧力が強いと考えられますので、本日はヘッドラインから目を離さず取引に挑みたいです。

0.75%利上げがもたらす各国中銀の積極的な利上げ観測

FOMC利上げ予想・激変中

米インフレピークアウトならず、さらなる円安進行か

米消費者物価指数(CPI)、ドル円の見通し

ECB政策金利、予想は来月から利上げ開始、年内1.25%利上げ

円安を生かした成長戦略が呼ぶさらなる上昇気流

ドル円はおよそ20年ぶりの高値を更新、円安進む中、黒田日銀総裁の発言はいかに

円安トレンドは継続か?米CPI通過で一段のドル高圧力拡大の可能性も

ビックイベント米雇用統計、今夜は「平均時給」がカギとなるか

ADP雇用統計、ネガティブサプライズなら大きなドル売りの可能性

FRBバランスシート縮小、今日から開始

ECB内のタカ派支持拡大を後押しするか、欧消費者物価指数に注目

米リセッション懸念の広がりに警戒

4月米個人消費支出に注目

FOMC議事要旨で50bpsの利上げを支持、米国株は反発

ドル円約1か月ぶりの127円割れ、リセッション懸念が高まるなか、米株価指数の動向を睨む展開

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 FXのスプレッドとは 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

タリタリ(TariTali)ってなに?評判は?

タリタリ(TariTali)ってなに?評判は?

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

「TariTali(タリタリ)」って、Twitterなんかでたまに見かけるけど、いったいなんなの?って思ったことありませんか?

キャッシュバックサイトらしいけど、どういう仕組なんだろうって思いますよね。

今回は、FXキャッシュバックサイトとして有名な「TariTali(タリタリ)」の仕組みについて以下の3点について解説していきます。

  1. キャッシュバックサイトとは?
  2. キャッシュバックサイトの仕組みは?どのようにして還元されるのか?
  3. TariTali(タリタリ)の評判・評価とは?

FX博士

キャッシュバックサイトとは?

キャッシュバックサイトとは?

キャッシュバック業者を大雑把に述べると、アフィリエイト業者のようなものです。厳密に述べるならばIB(Introducing Broker)業者。IB業者によるスプレッドバックの仕組みは古くから存在します。

デギンドスECB副総裁 ECBの主なメッセージは断片化(フラグメンテーション)と戦うこと

FXのスプレッドとは

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる