FXデイトレードとは

仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効

仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効

テクニカル分析とは、簡単に言うとチャート分析のことで、過去の価格推移やパターン、あるいはボリューム感から相場を分析する手法のことで、移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表やオシレーター系のRSI・RCI・MACDなど多くのテクニカル指標があります。

仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効?プロが徹底解説!(基礎編)

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • 初心者が円安相場で儲ける方法は?円安の理由やGMOクリック証券でのトレード方法も解説 - 2022年6月10日
  • 2022.6.10 マーケットレポート【ECB11年振りの利上げへ】 - 2022年6月10日
  • エントリー時に注目すべきイベントは?雇用統計やGMOクリック証券でのトレードの仕方も解説 - 2022年6月9日
  • Coincheck NFT(β)で取り扱いが開始されたDecentralandのLANDとは? - 2022年6月9日
  • 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効
  • 2022.6.仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 9 マーケットレポート【クロス円上昇を止めるものはいないか】 - 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 2022年6月9日

おすすめの仮想通貨取引所は?

コインチェック

コインチェック

17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

GMOコイン

GMOコイン

全9種類のテクニカル指標、6つの注文方法が利用できるアプリを提供する仮想通貨取引所!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

アルトコインレバレッジ取引に強み!19種類の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

仮想通貨・ブロックチェーンの最新ニュース

  • 2022/6/10Coincheck NFT(β版)、新たに「Otherdeed(NFT)」の取り扱いを開始
  • 2022/6/10GMOインターネットグループ、Web3ベンチャーを支援するVC設立へ
  • 2022/6/102022.6.10 マーケットレポート【ECB11年振りの利上げへ】
  • 2022/6/9研究開発支援に用いられるコレクティブNFT - Microbes NFTとは?
  • 2022/6/9ビットバンク、国内初となるポリゴン(MATIC)の取り扱い開始へ
  • 2022/6/92022.6.9 マーケットレポート【クロス円上昇を止めるものはいないか】
  • 2022/6/82022.6.8 マーケットレポート【RBAが予想外の利上げへ】
  • 2022/6/72022.6.7 マーケットレポート【ドル円は132円台を突破するか】
  • 2022/6/62022.6.6 マーケットレポート【良好な雇用統計を受けて株式市場が反落】
  • 2022/6/32022.6.3 マーケットレポート【金融引き締めへの警戒が緩和】

関連記事一覧

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効?プロが徹底解説!(応用編)

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 中島 翔 (全て見る)

  • 初心者が円安相場で儲ける方法は?円安の理由やGMOクリック証券でのトレード方法も解説 - 2022年6月10日
  • 2022.6.10 マーケットレポート【ECB11年振りの利上げへ】 - 2022年6月10日
  • エントリー時に注目すべきイベントは?雇用統計やGMOクリック証券でのトレードの仕方も解説 - 2022年6月9日
  • Coincheck NFT(β)で取り扱いが開始されたDecentralandのLANDとは? - 2022年6月9日
  • 2022.6.9 マーケットレポート【クロス円上昇を止めるものはいないか】 - 2022年6月9日

おすすめの仮想通貨取引所は?

コインチェック

コインチェック

17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

GMOコイン

GMOコイン

全9種類のテクニカル指標、6つの注文方法が利用できるアプリを提供する仮想通貨取引所!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

アルトコインレバレッジ取引に強み!19種類の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

仮想通貨・ブロックチェーンの最新ニュース

  • 2022/6/10Coincheck NFT(β版)、新たに「Otherdeed(NFT)」の取り扱いを開始
  • 2022/6/10GMOインターネットグループ、Web3ベンチャーを支援するVC設立へ
  • 2022/6/102022.6.10 マーケットレポート【ECB11年振りの利上げへ】
  • 2022/6/9研究開発支援に用いられるコレクティブNFT - Microbes NFTとは?
  • 2022/6/9ビットバンク、国内初となるポリゴン(MATIC)の取り扱い開始へ
  • 2022/6/92022.6.9 マーケットレポート【クロス円上昇を止めるものはいないか】
  • 2022/6/82022.6.8 マーケットレポート【RBAが予想外の利上げへ】
  • 2022/6/72022.6.7 マーケットレポート【ドル円は132円台を突破するか】
  • 2022/6/62022.6.6 マーケットレポート【良好な雇用統計を受けて株式市場が反落】
  • 2022/6/32022.6.3 マーケットレポート【金融引き締めへの警戒が緩和】

関連記事一覧

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

仮想通貨でのファンダメンタル分析とテクニカル分析・それぞれのメリットとデメリット

ファンダメンタル分析とは


ファンダメンタル分析とは、トレード関連の教科書には真っ先に出てくる古典的な手法であり、経済の基礎的条件から判断しようという考え方です。

つまり、経済的な要因から判断して、対象となる通貨や商品、あるいは、株式などを購入することで将来的な収益が見込めるかどうかということを分析します。

ファンダメンタル分析のメリット

この手法を用いて成功している人の中には、バフェットなど多くの著名投資家がいますが、ある程度の資金力があり長期投資が可能な場合ほど有効なケースが多くなります。

ファンダメンタル分析のデメリット

同様に、レバレッジをかけてトレードするような証拠金取引などの場合には、長期投資となるファンダメンタル分析ではそれだけ長期間リスクを持ち続けることになりますので、リスクの高いトレードとなってしまいます。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは?


テクニカル分析とは、簡単に言うとチャート分析のことで、過去の価格推移やパターン、あるいはボリューム感から相場を分析する手法のことで、移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表やオシレーター系のRSI・RCI・MACDなど多くのテクニカル指標があります。

ファンダメンタル分析と比べると、その神秘性からテクニカル分液は非常に面白いのですが、残念ながら利益を上げられるかどうかということとは別問題となります。

テクニカル分析のメリット

昔は、方眼紙に自分でチャートを付けていましたが、今ではトレーディング各社から高機能チャートが提供されており、個人投資家でも機関投資家同様のテクニカル分析を行うことができます。

テクニカル分析のデメリット

つまり、テクニカル分析を用いてトレードプランを作成したら、利確ポイントやストップロスポイントも同時に設定してプラン通りにトレードしなければなりません。

仮想通貨はファンダメンタルズ分析とテクニカル分析どちらで勝つことが出来るのか。

仮想通貨

f:id:hyok2525:20171109191954j:plain

投資分析法の「 ファンダメンタルズ分析 」と「 テクニカル分析 」についての話。

「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」とは?

「ファンダメンタルズ分析」

ファンダメンタルズ分析とは、 経済活動や業績を元に企業等の本質的な価値を分析する 手法です。

「テクニカル分析」

テクニカル分析とは、 これまでのチャートの値動きのパターンを参考に未来の値動きを予想する 手法です。

関連記事

「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」どちらがいいの?

私個人の見解ですが、 9割型「ファンダメンタルズ分析」で良い かと思います。

仮想通貨には「テクニカル分析」はまったく必要ないの?

仮想通貨の「ファンダメンタルズ分析」はどこでできそう?

もちろん、 ソース元を明記してるニュースサイトが信用性が高い のですけどね。

英語が得意であれば、 各仮想通貨の開発元 を見てみるのも良いかと思います。

「ファンダメンタルズ分析」が9割型有効です。

関連記事

【2018年】仮想通貨 Factom(ファクトム)とは?購入方法と今後の将来性

今回は、Factom(ファクトム)について調べてみました。 発音がファントムみたいですね。(ファントム=Phantom) Factom(ファクトム)とは? Factomの特徴は? Factomはどんなこと.

ビットコイン(BTC)はオワコン?時代はビットコインキャッシュ(BCH)仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 です!

ビットコインはオワコンです。 これからはビットコインキャッシュの時代ですから。 ビットコインキャッシュとは? ビットコインの最高技術者がビットコインを役立たず扱いしている!? 海外勢はビットコインからビッ.仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効

仮想通貨を低いリスクで投資する「Zaifコイン積立」でコツコツ利益を出そう!

某国内取引所が炎上してしまったので、仮想通貨難民が溢れている今日この頃。 「もう危ない橋は渡りたくない」という方にオススメの投資方法を見つけました。 今回は、低リスクな仮想通貨投資「Zaifコイン積立」の紹介です。 .

最近、私が仮想通貨記事を書かない理由と仮想通貨の未来

最近、私が仮想通貨記事が書かない理由を紹介します。 かなり単純なことなので、紹介するまでもありませんが、 一応、仮想通貨の記事に興味がある方もいるのでね。 仮想通貨を辞めたのか 仮想通貨は蓄える時期 .

【2018年版】今年上がりそうな仮想通貨を紹介します。

このブログをいつもご覧になっていただいている皆様、今年もよろしくお願いします。 新年1発目の記事は「【2018年】今年値上がりしそうな仮想通貨」です。 今年は、仮想通貨にとって大きな変化や技術的進歩が期待される年になるで.

NEM(ネム)が仮想通貨取引所「Huobi」に上場します。

NEMが新しく取引所に上場します。 NEMクイズを答えて、NEMを貰えるらしい! まとめ NEMが新しく取引所に上場します。 中国にある仮想通貨取引所「Huobi」で1月16日から NEM(ネム)が新た.

仮想通貨でのファンダメンタル分析とテクニカル分析・それぞれのメリットとデメリット

ファンダメンタル分析とは


ファンダメンタル分析とは、トレード関連の教科書には真っ先に出てくる古典的な手法であり、経済の基礎的条件から判断しようという考え方です。

つまり、経済的な要因から判断して、対象となる通貨や商品、あるいは、株式などを購入することで将来的な収益が見込めるかどうかということを分析します。

ファンダメンタル分析のメリット

この手法を用いて成功している人の中には、バフェットなど多くの著名投資家がいますが、ある程度の資金力があり長期投資が可能な場合ほど有効なケースが多くなります。

ファンダメンタル分析のデメリット

同様に、レバレッジをかけてトレードするような証拠金取引などの場合には、長期投資となるファンダメンタル分析ではそれだけ長期間リスクを持ち続けることになりますので、リスクの高いトレードとなってしまいます。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは?


テクニカル分析とは、簡単に言うとチャート分析のことで、過去の価格推移やパターン、あるいはボリューム感から相場を分析する手法のことで、移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表やオシレーター系のRSI・RCI・MACDなど多くのテクニカル指標があります。

ファンダメンタル分析と比べると、その神秘性からテクニカル分液は非常に面白いのですが、残念ながら利益を上げられるかどうかということとは別問題となります。

テクニカル分析のメリット

昔は、方眼紙に自分でチャートを付けていましたが、今ではトレーディング各社から高機能チャートが提供されており、個人投資家でも機関投資家同様のテクニカル分析を行うことができます。

テクニカル分析のデメリット

つまり、テクニカル分析を用いてトレードプランを作成したら、利確ポイントやストップロスポイントも同時に設定してプラン通りにトレードしなければなりません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる