FX デモ取引

ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか

ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか
    これは、という病気の理解に関する重要な発見でした。『がん』という病気は体の中である細胞が突然増えだして増殖が止まらなくなってしまう(がん細胞の発生)病気です。私達の体の中にある細胞は普段それほど活発に分裂しているものではありません。胎児期から幼児期の間はかなり活発に分裂を繰り返しますが、成人になると身長などが伸びなくなるように細胞の分裂は活発に起こらなくなり、生きていくうえで最低限の細胞の分裂しかしなくなるわけです。しかし、そうした細胞のごくごく一部が何らかの事情によって増え始めるようなことが起こるとそれが癌細胞となってしまうのです。この癌細胞は、in vitro で培養すると寿命が無くなっており無限に分裂を繰り返す細胞となっているのです。つまり、本来寿命のある細胞の寿命が無くなってしまった、そういう細胞が癌細胞であると理解されるようになってきました。

ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか

書類整理用のファイルは大きく分けて3種類あります

  1. 紙に穴をあけて使うタイプ
  2. 紙に穴をあけなくても使えるタイプ
  3. その他特殊なタイプ

穴をあけるタイプのファイルだけで5種類もある

  • 書類を紛失しにくい
  • ページをめくりやすい
  • 順番が狂いにくい
  • 頑丈なタイプのものが多いので使い回しが効く
  • 一枚一枚の書類に穴をあける作業をしなくてはならない
  • 厚型の場合は書類が少なくても一冊分のスペースをとる

パイプ式ファイル
パイプ式ファイルとは、本体にパイプが取り付けられていて、そこに芯の入った留め具を差し込み、固定するタイプのファイルです。用途によって厚さを選ぶことができたり、左利きでも右利きでも使いやすい、両開き式のファイルもあります。

リングファイル
リングファイルとは、書類の抜き差しを簡単に行えるリング式のファイルです。最近では、ワンタッチでリングを開けることができる便利なファイルも増えたので、使いやすさは抜群です。

フラットファイル
フラットファイルとは、本体に留め足が付いており、それを留め具で固定し、書類を保管するタイプのファイルです。薄型でリーズナブルですが、留め具の抜き差しに多少の難があります。

レバーアーチ式ファイル
レバーアーチ式ファイルとは、海外では主流と言われている、比較的大きくて長いリングを用いたファイルです。ファイルのリング付いているレバーを上げ下げすることで、書類を挟むことができます。

背幅伸縮ファイル
穴をあけるタイプのファイルでは唯一、厚さを調整できるファイルです。ワンタッチの留め具で、使い勝手の良いタイプのものが多くあります。

紙を傷つけたくないなら穴を開けないこのタイプ

  • 穴をあける作業をしなくて済む
  • 書類の厚さに対応して幅が伸びるので、スペースを無駄なく使える
  • 穴をあけるタイプに比べ、書類を紛失しやすい
  • 長期間の保存には向かない

Z式ファイル
Z式ファイルとは、挟み込むタイプの留め具が取り付けられている、穴をあけないタイプではスタンダードな形のファイルです。斜めに動く留め具にちなんでZ式と名付けられています。

クリアポケットファイル
クリアポケットファイルとは、本体がアルバム状になっており、中に透明のポケットが取り付けられたファイルです。ポケットの数は、初めから決まっているものと、後から追加できるものがあります。

スライドバーファイル
スライドバーファイルとは、袋状のケースにスライドするファスナーが付いたファイルです。

クリアファイル
誰もが一度は使ったことのある、最も簡易なタイプのファイルです。

事務用品ではこれらのファイルの準備も重要

ボックスファイル
ボックスファイルとは、書類を挟む機能はない簡易なボックス状のファイルです。ボックスごとに見やすく見出しをつけられるようになっています。

ケースファイル
ケースファイルとは、本体がケース状になっていて、持ち運びがしやすいファイルです。ケースファイルは中に仕切りがあるため、書類の分類に便利であり、バッグのように持ち運べるため、ファイルを探してバッグに詰める手間を省けます。

クリップファイル
クリップファイルとは、クリップボードに留め具が付いた形状のファイルです。ボードとファイルが一体化しているため、書類に頻繁に書き込みを入れる際に重宝されています。

名刺ファイル
名刺ファイルとは、名刺を整理するためだけに使われるファイルです。クリアポケットファイルにも似た形をしており、表面1ページにおよそ10枚の名刺を収納することができます。

伝票ファイル
伝票ファイルとは、伝票を管理するためだけに使われるファイルです。伝票を整理するのに適した大きさをしており、形は穴をあけるタイプ、あけないタイプなど、様々な種類があります。
書類を頻繁に取り出すのであれば、中抜きができるリング式ファイルがおすすめです。

ファイルの整理のコツとインデックスの活用方法

シンプルにまとめるのがコツ、インデックスでファイルの書類整理

ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか インデックスは見やすくすることが重要なので、文字数は少ない方が便利です 。色は一色の方が見やすいと思いますが、テーマが変わったところで、色を変えてみるのも良いかと思います。インデックスに何を書けばいいのか考え込んでしまう人もいるかもしれませんが、ファイルを一冊の本に見立てて、目次をインデックスと考えれば、上手く活用しやすいでしょう。

ファイル整理のコツ

ファイル整理の基本は、各ファイルにタイトルを記入すること、タイトルが見えるように並べること、必要のない書類は捨てること 。これだけです。

非同期信号を扱うための危ういVerilogライブラリ

metastable.png

ISE の Language Templates にあるコードでは RLOC の代わりに HBLKNM で配置制約を掛けようとしているのですが、Spartan 3A DSP 向けに実際に コンパイルしてみたところ WARNING:ConstraintSystem:119 が出てうまく行きませんでした。 http://japan.xilinx.com/support/answers/34088.htm によれば、 「HBLKNM をネットに設定すると、パッドにしか伝搬されません」 とのことなので、ここでは HBLKNM ではなく RLOC で指定しています。

ASYNC_REG は、シミュレーション方法を規定するための制約です。 通常、シミュレーション中にセットアップ・ホールド時間違反が起きた場合、 FFの出力は不定値 X になります。その結果、多くの場合に下流の回路は X だらけとなり、以降のシミュレーションができなくなってしまいます。 ASYNC_REG が付いていると、セットアップ・ホールド時間違反が起きた場合、 書き込み前の値が保持されるため X は発生せず、シミュレーションに支障をきたしません。

ただこの場合にも、 セットアップ・ホールド時間違反が起きた旨のメッセージがログに出力されるため、、 シミュレーションの方針によってはこの種のエラーが数百も溜まってしまいます。 これでは他の重要なエラーが見づらくなってしまうので、 どうにかならないものか、まだ解決策を探しているところです。

上記の double_ff を使っていると、map 中に以下のエラーが出ることがありました。

のように FF を直接インスタンス化してやるとエラーはなくなったのですが、 ちょっと腑に落ちないところです。 また、これで思った通りの回路になっているのかどうか、もう一度調べようと思っています。 大丈夫そうですね。

ISE の Language Template ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか では、ダブル FF ではなく、トリプル FF になっているのですね。

async_int => sreg[0] => sreg[1] => sync_out の3段階。

上記のようにプロジェクトのそこかしこで使うユーティリティモジュールを設計する場合、 コード中に RLOC や TIG などの制約を埋め込んでおけることは大いに助けになります。

そうでなければ、数十個のインスタンス全てに対して、対応する制約を .ucf ファイルに書き込まなければならないからです。

TNM などもこの方法で掛けられれば本当にいろいろ応用が広がるのですが、 現時点ではそれは許されていないようですね。

ただ、いろいろ試していると、上記のようにコード中に記載する制約は かゆいところまで手が届かないばかりでなく、 Xilinx のツールでは何かの拍子に正しく機能しなかったりすることもあるようです。

特に、上記 double_ff の TIG については ISE の最新版の 12.1 を使ってさえ なぜか無視される条件があるようなのです。 ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか
(後で時間を見つけて再現する条件を探ってみようと思います => コード中に制約を書くときの注意点 にまとめました)

しかたがないので、現時点ではソース中の TIG は取り除いて、

インスタンス名に特徴的な名前付けをしておくことで、 アスタリスク "*" を用いた指定で上手に制約を掛けることができます。

.ucf で記述する場合、TIG を TO で指定できるのがいい感じで、 また、今のところこの書き方であれば「制約が効いていない(怒」となることはないようです。

ただ、恐らくこの方法では RLOC を掛けるのは無理、、、ですよね。

RLOCは制約が無視されていても目で見て分かるようなエラーにならないので、 本当に制約が効いているかどうか、節目毎に確認する必要がありそうです? ・・・すべてのインスタンスについて確認するのは気が遠くなりますね。

FROM-TO 制約で遅延量を指定しておいた方が良いのかもしれません。 それなら "*" でうまく制約を掛けられますし。

電気回路/HDL/コード中に制約を書くときの注意点 に上記 double_ff に対する制約の与え方について考察した結果と、現時点での最善案をまとめました。

  1. 非同期信号をそのまま使うな
  2. 非同期信号を1段FFに通しただけの信号は後段のつなぎ方に気をつけろ
    • 複数のラッチを繋ぐような使い方はNG
    • 1つだけFFを繋ぐなら問題ない
    • 1つだけFFを繋ぐときも遅延が長いとNG
  3. 非同期信号を2段FFに通せば十分安定
    • ただしその2つの FF の間は通常よりも厳しい時間制約を掛けておくのが望ましい
    • 隣り合う FF に割り当てられるよう制約を掛けるのがベスト
  • 異なるクロックドメイン間をつなぐ場合にはスタティックハザードに注意が必要
    • 送り側信号がスタティックハザードでバタついた瞬間に読んでしまうと困ったことになる
    • 送り側クロックで動く FF で受けてから double_ff を通す必要がある

    外部からの信号が最小セットアップ・ホールド時間に違反するタイミングで切り替わると、 個々のビットがそれぞれ少しだけ異なるタイミングで読まれるため、 全体として意味のある値を読み取ることができないのです。

    方針は「値を読み取る間だけ書き込みをストップしておく」 という単純な話なのですが、「いつ書き込んで、いつ書き込みを止めるか」 をうまく制御するための機構が「ハンドシェイク」と呼ばれる 手旗信号のようなやりとりです。

    1. 出力側で送信要求 (req) を上げる
    2. 入力側は req を2段FFで受取る
    3. 入力側は req に従い temp の値を更新する
    4. 入力側で送信応答 (ack) を上げる
    5. 出力側は ack を2段FFで受取る
    6. 出力側は ack を見て temp から値を読み取る
    7. 出力側は req を下げる(読み取り終了通知となる)
    8. 入力側は req ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか を2段FFで受取る
    9. 入力側は req が下りたら ack を下げる(次に備える)
    10. 出力側は ack を2段FFで受取る
    11. 出力側は ack が下りたら 1. へ戻る

    実際の回路は、7. 以降の req や ack を下げるところでもう1つデータを送受信するため、 単純なハンドシェイクに比べてデータ更新の頻度が2倍に上がっています。

    synchronize.png

      ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか
    • req -> req1 -> req2 の2段FFは req2 が確定信号なので、これを元に temp を更新する
    • temp 更新と同じタイミングで ack を立てる
    • ack -> ack1 -> ack2 の2段FFは ack2 が確定信号なので、これを元に odata を更新する
    • odata 更新と同じタイミングで req を下げる
    • req -> req1 -> req2 の2段FFは req2 が確定信号なので、これを元に temp を更新する
    • temp 更新と同じタイミングで ack を下げる
    • ack -> ack1 -> ack2 の2段FFは ack2 が確定信号なので、これを元に odata を更新する
    • odata 更新と同じタイミングで req を上げる

    iclk の3周期と oclk の3周期を足した程度の頻度に一回、 入力側から出力側へ値が渡されます。

    このコードの idata についている TIG 制約は、TIG に関する問題点 に書かれているように上流のピンまで遡って効力を発揮してしまうため、かなり危険です。後でこの点を改善したコードを載せようと思います。

    すみません、そもそも idata に TIG は必要なかったですね。 idata の TIG 制約を取り除いた上記のコードで問題は解決されていると思います。

    itrig に iclk に同期した正論理のトリガが入ると、
    otrig に oclk に同期した1クロック幅のトリガを生じます。

    interclock_trig.png

    itrig_ex2 -> itrig_ex3 -> itrig_ex も2段FFの役割を果たしているので、 制約を加えて itrig_ex3 と itrig_ex とが近くに配置されるようにしています。

    A -> B -> C の2段FFでは、A に TIG、B と C とに配置制約、 と覚えてしまうのが良さそうですね。

    interclock_trig2.png

    コメント欄でアプロさんから ジョンソンカウンタ を用いた ステートマシンへの入力は同期化しなくても良い場合があるため、2ビットのジョンソン カウンタを使ったら回路を改善できるのではないか、というような(?)示唆をいただきました。

    さらに、その前後のステートで出力値が変化しない設計であれば、 次クロックでも1つのカウンタビットにしか影響が及ばないため、 結果として2重 FF で受けているのと同じ形になるわけです。

    • その遷移と次の遷移が共に通常遷移(スキップなし)であること
    • その遷移の前後でステートから計算される出力値が変化しないこと
    • その遷移で変化するビット値から、次の遷移で変化するビット値までの 信号遅延が十分に小さいこと

    ちょっと考えて気づくのは、タイミングチャートの < itrig_ex2, itrig_ex1 >は そのまま2ビットのジョンソンカウンタと同じ動作をしていることです。

    S0S1S2S3
    itrig_ex11001
    itrig_ex21100

    つまり、現状ですでに 「2ビットジョンソンカウンタによるステートマシンに非同期信号を入れる回路」 に非常に近い動作になっていますので、何か改善できるとすれば、 それはステートマシンとは別の部分になるのかもしれません?

    itrig には iclk に同期した任意の信号を繋ぐことができるようにしたいです。

    すなわち、iclk には スタティックハザード が載る可能性があるため、スタティックハザードで生じるごく短時間のパルスで otrig にトリガを生じないようにするためのクロック同期化回路が必要となり、 それが itrig1 の役割になっています。

    itrig1 の出力はスタティックハザードフリーになるので、 これを oclk ドメインに伝えます。

    • itrig1 で下がる
    • otrig が生じ、なおかつ itrig1 が上がったら上がる

    itrig1 のパルスが確実に oclk ドメインに伝わるようにする iclk が oclk に比べて高い周波数で動く場合、itrig のパルスは短いので oclk 周期のサンプリングでは見逃してしまう可能性が高いです。 otrig が生じるまで itrig_ex を下がりっぱなしになることで、 確実にトリガを伝えることができます。

    itrig1 の1つのパルスが oclk ドメインに複数のパルスを生じないようにする 逆に、iclk が oclk に比べて低い周波数で動く場合、itrig のパルスは長いので、 otrig にパルスを出力しても、まだしばらく itrig が上がっている可能性があります。 そのような場合に連続して otrig へパルスを出力してしまわないように、 itrig1 が上がるまで待ってから、次の otrig の起動準備に入る形になっています。

    Spartan 3A DSP のプリミティブである LDCPE は SR ラッチとして使えるのですが、Reset が Set に勝つ仕様なので、 itrig1 を Reset に、!itrig_ex2 を Set に繋ぎます。

    そうすることで、itrig_ex2 が下がっても、 itrig1 が下がるまでは itrig_ex が下がりっぱなしになります。

    itrig_ex は当初、itrig extended のつもりで付けた名前でしたが、 今見ると非常に分かりにくいですね(汗

    これらは、非同期信号 itrig_ex を oclk で受ける2重 FF を構成すると同時に、 上記の通り2ビットのジョンソンカウンタステートマシンと見なすこともできます。

    上図では出力の otrig を ( !itrig_ex1 & !itrig_ex2 ) から計算できそうに見えるのですが、 oclk に比べて iclk が遅い場合には itrig_ex2 が下がっても itrig1 がまだ上がりっぱなしであるため、数クロックに渡り < itrig_ex1, itrig_ex2 >== 2'b00 となる可能性があって、 うまくいきません。

    このため、itrig_ex2 が下りるのと同時に立ち上がり、 正確に1クロックで下りるパルスを作る目的で itrig_ex3 が追加されています。

    otrig は !itrig_ex2 & itrig_ex3 として計算されます。

    可能性があるのは itrig_ex1 と itrig_ex2 を本当のジョンソンカウンタとして構成し直して、 ストップモーション付きの2ビットステートマシンの形にしたときに itrig_ex3 が必要なくなるかどうか、と言う点ではないかと思います。

    interclock_execute.png

    のようにして、制御側への busy 信号は busy0 と busy5 との論理和で与えれば・・・

    ほんのちょっとのリソースを省くために、 新しいモジュールを作ってテストするのはあまりメリットが無さそうなので、 start 信号の伝達と、done 信号の伝達とに、 それぞれ interclock_trig を使ってしまうことに決めました。

    通常の同期 FIFO と同様にリングバッファのようなものを作るのですが、 Full や Empty 信号を生成するのに書き込み・読み出しカウンタを クロックドメイン間で受け渡す必要があり、その部分の実装が大変だとのことです。

    • 通常の書き込み・読み出しはバイナリカウンタを使う
    • クロックドメイン間でのカウンタの受け渡しのためにカウンタのグレイコード表現も持っておく
    • グレイコード表現を2段FFで受け渡す
    • グレイコード表現をバイナリ表現に戻す
    • もう一方のカウンタと比較することで、empty / full 信号を生成する

    グレイコードはインクリメント、 デクリメントで信号線の値が1本ずつしか変化しないので、 メタステーブルさえ防げば読み出しタイミングを気にする必要が無いという特徴を持っています。

    カウンタ比較をバイナリで行っているので、almost full や almost empty なども簡単に追加できます。

    full / empty の出力はFFから直なので遅延が小さくなっています。
    代わりに we や re へのセットアップ時間が多少きつめかもしれません。

    エラーメッセージの表示は、ISim では $display を ModelSim では $messagelog を使うようになっています。

    としてしまえば、最適化によっては Spartan 3A DSP 上で幅 32bit、深さ 512 の FIFO を 200 MHz ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか オーバーでも回せるみたいです?

    によれば、デュアルポートRAMのインスタンシエーションでは、 コーディングスタイルによってメモリ出力のビヘイビャーが異なり、 それに伴いパフォーマンスにも影響するのだそうです。

    上記コードだと Slower と注意書きのある read before write mode になっているのですが、 transparent mode となるように書き換えることでパフォーマンスが向上するのかも しれません。

    Synthesize ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか の結果に表れる Timing Report によれば、

    • transparent mode
      • Minimum period: 7.529ns (Maximum Frequency: 132.815MHz)
      • Minimum input arrival time before clock: 8.530ns
      • Maximum output required ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか time after clock: 5.531ns
      • Minimum period: ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか 4.404ns (Maximum Frequency: 227.066MHz)
      • Minimum input arrival time before clock: 4.284ns
      • Maximum output required time after ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか clock: 7.540ns
      • Minimum period: 4.404ns (Maximum Frequency: 227.066MHz)
      • Minimum input arrival time before clock: 4.284ns
      • Maximum ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか output required time after clock: 7.540ns

      となって、read first と no change には違いがありませんが、 transparent mode では明らかに遅くなっています。

      • Write First モードがデフォルトになっているが非推奨
        • Virtex/E および Spartan 2E と互換性がある
        • 低速
        • Virtex/E および Spartan 2E との互換性はない
        • 最も高速
        • 同一クロックで書き込みと読み出しを同時に行えるのも利点

        となっているので、上記記述とは逆に Transparent Mode になっているものを Read First にすると劇的にパフォーマンスが向上する、 という話だったみたいです。さらに最適化ができるかと期待したのに・・・残念。

        100人に調査|寝袋・シュラフのおすすめ人気ランキング25選

        記事ID22516のサムネイル画像

        我が家で最初に購入した寝袋はいわゆる「封筒型」と言われるもので2枚一組で接続しかけ布団と敷布団として使っていました。
        だが、子供たちの寝相の悪さで朝方は親二人は布団が無い状態に・・・。夏場なら問題ないんですが春先や秋口はかなり厳しい。
        アウトドアショップで物色していたところ当該商品を発見!
        大きさは大人2人子供2人の4人で使う分には少し小さいが許容範囲レベルです。
        結果は大正解!大きな封筒型なので子供が蹴り飛ばすこともなく親が布団を引きはがされることもなく朝まで安眠できました。

        アルパイン バロウバッグ #3 バルサム

        アンケート3位!コスパに優れオールシーズン使える寝袋

        【アンケート3 位!お手頃価格なのに質が高いと話題!】

        アンケートで3位を獲得したのは、モンベルの折りたたみしやすいマミー型の寝袋です。口コミでは「リーズナブルな値段で買えるのに寝心地がとても良い」「1年中キャンプに欠かせないアイテム」といった声が多く聞かれました。

        【保温性・速乾性が高くお手入れもしやすい】

        こちらの商品は中綿に科学繊維のエクセロフトが採用されており、保温性と速乾性に優れている点が特徴です。耐久温度は2℃・快適温度は7℃なので冬から夏まで柔軟に、快適な温度を保ってくれます。また、超耐久撥水加工が施されているのでお手入れもしやすい寝袋です。

        【トータルバランスが整い高評価!商品選びに迷ったらコレ!】

        AmazonなどのECサイトで軒並み高評価を得ています。コストパフォーマンス・寝心地・手入れのしやすさのバランスが揃っていることから、初心者にもおすすめの寝袋です。

        ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか

        しかし、その後死滅したかと思われた中から再び分裂を開始し、細胞が増殖してくることがあります(ヒトではまだ成功した例は無い)。こうした細胞は染色体の構成が正常の場合と大きく変わりますが、以後は死滅することなく何年にもわたって分裂を繰り返すことになります(不死化)。こうなった細胞を『株』化細胞と呼びます。英語では Cell Line と呼ばれます。日本語では『細胞株』と呼ばれています。

        細胞を樹立するということ

        プライマリ細胞が株化する意味は・・・

          これは、という病気の理解に関する重要な発見でした。『がん』という病気は体の中である細胞が突然増えだして増殖が止まらなくなってしまう(がん細胞の発生)病気です。私達の体の中にある細胞は普段それほど活発に分裂しているものではありません。胎児期から幼児期の間はかなり活発に分裂を繰り返しますが、成人になると身長などが伸びなくなるように細胞の分裂は活発に起こらなくなり、生きていくうえで最低限の細胞の分裂しかしなくなるわけです。しかし、そうした細胞のごくごく一部が何らかの事情によって増え始めるようなことが起こるとそれが癌細胞となってしまうのです。この癌細胞は、in vitro で培養すると寿命が無くなっており無限に分裂を繰り返す細胞となっているのです。つまり、本来寿命のある細胞の寿命が無くなってしまった、そういう細胞が癌細胞であると理解されるようになってきました。

        そして、癌細胞と正常の細胞を比較しながら研究は進められ、1980年代の終わりごろ、特定の遺伝子に変化が起こることによってそうした現象が起こるのだということが確定してきました。これが癌遺伝子です。さらに、癌遺伝子を調べてゆくと、遺伝子そのものは細胞にとって必要な遺伝子であって、それが正常に機能していることによって細胞の分裂や分裂の寿命は正常に維持されているということが分かってきました。そして、それに突然変異が生じて機能が抑えられた結果、本来分裂してはならない細胞が分裂を始めて止まらなくなってしまうのだということがわかってきたのです。

        関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる