インサイダー取引

FXチャートの見方、分析について解説

FXチャートの見方、分析について解説
出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

FUJITOMI market NEWS

RSSフィード

各種お知らせ

「くりっく365」「くりっく株365」におけるリスクについて

・「くりっく365」「くりっく株365」は、元本及び収益が保証された取引ではありません。取引の額が預託された証拠金に対して非常に大きく、相場急変動等により建玉を維持するため追加証拠金の預託が必要となる場合や、お客様が預託された証拠金を上回る損失が生じる恐れがある取引です。
・ご契約・お取引に際しましては、当該商品等の「契約締結前交付書面」「取引説明書」等をよくお読みいただき、取引の仕組み・内容・リスク等を十分ご理解の上、ご自身の判断と責任においておこなってください。
・くりっく株365・くりっく365ではマーケットメイク方式を採用しており、表示する売付価格と買付価格に差があります。くりっく365の証拠金額は、レバレッジ25倍上限付きHV方式で計算されており、くりっく株365の証拠金額はリスクに応じて算定される方式を採用しているためレバレッジ比率は一定ではありません。最新の証拠金額は「証拠金基準額(くりっく365・くりっく株365)」よりご確認ください。
・くりっく株365・くりっく365では注文が成立した際に手数料が掛かります。手数料の額はお取引口座の内容や銘柄により異なり、くりっく株365では1枚あたり最大で4,400円(税込)、くりっく365の通常銘柄では1枚あたり最大1,100円(税込)、くりっく365のラージ銘柄では1枚あたり最大で11,000円(税込)です。詳しくは「サービス内容と手数料(くりっく365・くりっく株365)」をご確認ください。

FXチャートの見方、分析について解説
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1614号
商品先物取引業者 農林水産省指令28食産第3988号
経済産業省20161108商第10号

加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

※「くりっく365」「取引所為替証拠金取引 くりっく365」「取引所FX くりっく365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称です。

【チャート分析】移動平均線とは?[見方・使い方・組み合わせなど、わかりやすく解説]

テクニカル講座

こちらでは、暗号資産・為替・株などのテクニカル分析で、チャート上に最も多く表示されることが多い『 FXチャートの見方、分析について解説 移動平均線 』についての『 見方・使い方・組み合わせ 』などをわかりやすく解説しています。

基本中の基本である移動平均線を正しく理解して、 あなたも今より勝てるトレーダー になってください!

✅ 移動平均線のオススメな組み合わせ

✅ 移動平均線でトレンドを判断する方法

✅ 移動平均線で売買サインを判断する方法

移動平均線|テクニカル講座

移動平均線とは?

移動平均線(MA)とは、 過去一定期間の価格の平均値を線にして表示させるトレンド系のインジケーター です。

  • 移動平均線の位置や向きで、 トレンドの方向 がわかる
  • 移動平均線を組み合わせて、 トレンド転換 FXチャートの見方、分析について解説 が読み取れる
  • 移動平均線を組み合わせて、 売買のサイン が読み取れる

移動平均線|オススメな期間と組み合わせ

まとめ先生

  • 短期:25日
  • 中期:75日
  • 長期:200日

絶対にこの数値じゃなきゃいけないというわけではありませんが、 使っている人が多い ということは 優位性が高い ということになります。

移動平均線|トレンド方向の見方

まとめ先生

トレンドの方向の見方 ■移動平均線が、 ローソク足より下にあれば上昇トレンド

■移動平均線が、 ローソク足より上にあれば下降トレンド

■移動平均線が、 ローソク足の間を上下しているとレンジ

  • 短期:25日(黄色)
  • 中期:75日(緑色)
  • 長期:200日(赤色)

パーフェクトオーダー 期間の異なる 移動平均線が一方方向に対して順番通りに並んでいる 状態のことを言います。

強いトレンド発生を示すサイン になります。

移動平均線|トレンド転換・売買のサイン

まとめ先生

移動平均線|ゴールデンクロス(買いサイン)

ゴールデンクロスとは 下落後に、 短期の移動平均線中/長期の移動平均線下から上に突き抜ける ことを言います。

下降トレンドから上昇トレンドに転換する時に現れやすいので、 買いのサイン になります。

移動平均線|デッドクロス(売りサイン)

デッドクロスとは 上昇後に、 短期の移動平均線中/長期の移動平均線上から下に突き抜ける ことを言います。

上昇トレンドから下降トレンドに転換する時に現れやすいので、 売りのサイン になります。

ゴールデンクロス・デッドクロスの注意点
  • 交差する 角度が緩やか な場合: 信憑性が低い(弱い)
  • 交差する 角度が急 な場合: 信憑性が高い(強い)

移動平均線(MA)|種類

移動平均線は、主に『 単純移動平均線(SMA) 』と『 指数平滑移動平均(EMA) 』がよく利用されます。

SMAは、過去一定期間の終値の平均値を線にして表示させる 基本的な移動平均線 です。

EMAは、SMAよりも 直近の終値を重視して表示させる移動平均線 です。

トレンドの初動をつかみやすいが、騙しに合う可能性も高い 。

まとめ先生

移動平均線の注意点

移動平均線がローソク足から大きく乖離(上がりすぎてる/下がりすぎてる) しているところでの 売買は危険 です。

基本的に下のチャート画像のように、 ローソク足は移動平均線まで戻ってくる ことがほとんどです。

トレンドが強い場合は、乖離しているところからポジションを保有して利益が出ることもありますが、 リスクも高くなっている ことを理解してトレードしましょう。

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXのハイレバ向き銘柄ドル円

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

ハイレバFXのロット計算方法

リスク管理をするにはレバレッジを何倍かけるか?よりも損切り幅を何pipsに設定し、そのために何ロットで取引するかを考えましょう。

例)
10,000(円) ÷ 10(pips) ÷ 1,000 = 1(ロット)
100,000(円) ÷ 20(pips) ÷ 1,000 = 5(ロット)
※海外FXスタンダード口座の場合

資金が少なくても損切り幅を狭めてロットを張れるようになれば、ますます大きな利益が狙えるようになりますよ。

ハイレバFXの成功法則

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  5. エントリー根拠は5分足以下
  6. ぎりぎりまで引き付ける

取引環境の良い業者や口座を使う

イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける

  • 東京市場:9時~10時
  • ロンドン市場:15時~17時
  • FXチャートの見方、分析について解説
  • NY市場:21時~22時

安定した値動きの通貨ペアを選ぶ

スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ

エントリー根拠は5分足以下

ぎりぎりまで引き付ける

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  5. エントリー根拠は5分足以下
  6. ぎりぎりまで引き付ける

FXのハイレバ手法

資金を5~10分割して取引口座に入金する

1時間足チャートで中長期のトレンドを見る

FXのハイレバ手法1

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

15分足で短期のトレンドを見る

FXのハイレバ手法2

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【大トレンドと小トレンドの方向性が一致】
・中期順張り:トレンドの押し目を狙う
・利確目安:10pips~

【大トレンドと小トレンドの方向性が異なる】
・短期逆張り:トレンド形成中の過熱感を利用して素早く利確
・利確目安:5~10pips

短期逆張りは利確の判断が難しいため、まずは大トレンドと小トレンドの方向性が一致している時に順張りでエントリーしましょう。

5分足のRSIでエントリーポイントを判断

FXのハイレバ手法3

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【パターン①】
特徴:値幅が取りやすいものの、だましに合う可能性も高い

①ローソク足が大トレンドの下限のラインにタッチしていること。
②ローソク足の実体が下限のラインを超えていないこと。
③RSIが30にタッチしていること。

FXのハイレバ手法エントリーポイント1

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【パターン②】
特徴:狙える値幅は狭まるものの、だましに合う可能性は下がる

①ローソク足が切り下がり(下降トレンド)から切りあがりに(上昇トレンド)転換したか
②移動平均線がゴールデンクロスしたか
③ローソク足が確定した時点でRSIが50を超えたか
※下降トレンドを狙う場合はこの逆

FXのハイレバ手法エントリーポイント

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

エントリーポイントはRSIが50以上を推移してからローソク足が確定した時点で50以下をつけたタイミングです。

FXのハイレバ手法エントリーポイント2

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXのハイレバ向き銘柄ドル円

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

ハイレバFXのロット計算方法

リスク管理をするにはレバレッジを何倍かけるか?よりも損切り幅を何pipsに設定し、そのために何ロットで取引するかを考えましょう。

例)
10,000(円) ÷ 10(pips) ÷ 1,000 = 1(ロット)
100,000(円) ÷ 20(pips) ÷ 1,000 = 5(ロット)
※海外FXスタンダード口座の場合

資金が少なくても損切り幅を狭めてロットを張れるようになれば、ますます大きな利益が狙えるようになりますよ。

ハイレバFXの成功法則

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  5. エントリー根拠は5分足以下
  6. ぎりぎりまで引き付ける

取引環境の良い業者や口座を使う

イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける

  • 東京市場:9時~10時
  • ロンドン市場:15時~17時
  • NY市場:21時~22時

安定した値動きの通貨ペアを選ぶ

スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ

エントリー根拠は5分足以下

ぎりぎりまで引き付ける

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  5. エントリー根拠は5分足以下
  6. ぎりぎりまで引き付ける

FXのハイレバ手法

資金を5~10分割して取引口座に入金する

1時間足チャートで中長期のトレンドを見る

FXのハイレバ手法1

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

15分足で短期のトレンドを見る

FXのハイレバ手法2

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【大トレンドと小トレンドの方向性が一致】
・中期順張り:トレンドの押し目を狙う
・利確目安:10pips~

【大トレンドと小トレンドの方向性が異なる】
・短期逆張り:トレンド形成中の過熱感を利用して素早く利確
・利確目安:5~10pips

短期逆張りは利確の判断が難しいため、まずは大トレンドと小トレンドの方向性が一致している時に順張りでエントリーしましょう。

5分足のRSIでエントリーポイントを判断

FXのハイレバ手法3

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

FXチャートの見方、分析について解説

【パターン①】
特徴:値幅が取りやすいものの、だましに合う可能性も高い

①ローソク足が大トレンドの下限のラインにタッチしていること。
②ローソク足の実体が下限のラインを超えていないこと。
③RSIが30にタッチしていること。

FXのハイレバ手法エントリーポイント1

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【パターン②】
特徴:狙える値幅は狭まるものの、だましに合う可能性は下がる

①ローソク足が切り下がり(下降トレンド)から切りあがりに(上昇トレンド)転換したか
②移動平均線がゴールデンクロスしたか
③ローソク足が確定した時点でRSIが50を超えたか
※下降トレンドを狙う場合はこの逆

FXのハイレバ手法エントリーポイント

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

エントリーポイントはRSIが50以上を推移してからローソク足が確定した時点で50以下をつけたタイミングです。

FXのハイレバ手法エントリーポイント2

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【チャート分析】移動平均線とは?[見方・使い方・組み合わせなど、わかりやすく解説]

テクニカル講座

こちらでは、暗号資産・為替・株などのテクニカル分析で、チャート上に最も多く表示されることが多い『 移動平均線 』についての『 見方・使い方・組み合わせ 』などをわかりやすく解説しています。

基本中の基本である移動平均線を正しく理解して、 あなたも今より勝てるトレーダー になってください!

✅ 移動平均線のオススメな組み合わせ

✅ 移動平均線でトレンドを判断する方法

✅ 移動平均線で売買サインを判断する方法

移動平均線|テクニカル講座

移動平均線とは?

移動平均線(MA)とは、 過去一定期間の価格の平均値を線にして表示させるトレンド系のインジケーター です。

  • 移動平均線の位置や向きで、 トレンドの方向 がわかる
  • 移動平均線を組み合わせて、 トレンド転換 が読み取れる
  • 移動平均線を組み合わせて、 売買のサイン が読み取れる

移動平均線|オススメな期間と組み合わせ

まとめ先生

  • 短期:25日
  • 中期:75日
  • 長期:200日

絶対にこの数値じゃなきゃいけないというわけではありませんが、 使っている人が多い ということは 優位性が高い ということになります。

移動平均線|トレンド方向の見方

まとめ先生

トレンドの方向の見方 ■移動平均線が、 ローソク足より下にあれば上昇トレンド

■移動平均線が、 ローソク足より上にあれば下降トレンド

■移動平均線が、 ローソク足の間を上下しているとレンジ

  • 短期:25日(黄色)
  • 中期:75日(緑色)
  • 長期:200日(赤色)

パーフェクトオーダー 期間の異なる FXチャートの見方、分析について解説 移動平均線が一方方向に対して順番通りに並んでいる 状態のことを言います。

強いトレンド発生を示すサイン になります。

移動平均線|トレンド転換・売買のサイン

まとめ先生

移動平均線|ゴールデンクロス(買いサイン)

ゴールデンクロスとは 下落後に、 短期の移動平均線中/長期の移動平均線下から上に突き抜ける ことを言います。

下降トレンドから上昇トレンドに転換する時に現れやすいので、 買いのサイン になります。

移動平均線|デッドクロス(売りサイン)

デッドクロスとは 上昇後に、 短期の移動平均線中/長期の移動平均線上から下に突き抜ける ことを言います。

上昇トレンドから下降トレンドに転換する時に現れやすいので、 売りのサイン になります。

ゴールデンクロス・デッドクロスの注意点
  • 交差する 角度が緩やか な場合: 信憑性が低い(弱い)
  • 交差する 角度が急 な場合: 信憑性が高い(強い)

移動平均線(MA)|種類

移動平均線は、主に『 単純移動平均線(SMA) 』と『 指数平滑移動平均(EMA) 』がよく利用されます。

SMAは、過去一定期間の終値の平均値を線にして表示させる 基本的な移動平均線 です。

EMAは、SMAよりも 直近の終値を重視して表示させる移動平均線 です。

トレンドの初動をつかみやすいが、騙しに合う可能性も高い 。

まとめ先生

移動平均線の注意点

移動平均線がローソク足から大きく乖離(上がりすぎてる/下がりすぎてる) しているところでの 売買は危険 です。

基本的に下のチャート画像のように、 ローソク足は移動平均線まで戻ってくる ことがほとんどです。

トレンドが強い場合は、乖離しているところからポジションを保有して利益が出ることもありますが、 リスクも高くなっている ことを理解してトレードしましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる