バイナリー オプション 日本

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い
★BANDコミュニティはこのような雰囲気です!

『死神』バイナリーオプションサインツール【検証とレビュー】

分りやすく掛金1000円でエントリーします!1マーチンまでのエントリーでマーチン倍率は2.裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 0倍にします。ペイアウトは1.85倍とします。

※マーチン倍率2.0倍とは、1000円で負けたら次に2000円でエントリー(負けると総額3000円の損失)
※マーチン倍率が2.2倍ならば、1000円で負けたら次に2200円でエントリー(負けると総額3200円の損失)

では、エントリー開始!!やったー!!8連勝達成!!※ただ、全部1マーチン勝ちだな…でも勝てばいいか!

あー、連敗してしまった…でも8勝2敗だから大丈夫!!勝率80%だから余裕で利益出てるはず…あれ!?損失が出てる…

というような流れとなります。金額で説明します。

まず、上記設定で1000円の掛金で1マーチン勝ちすれば700円の利益となります。700円×8勝したわけです。なので、5600円の利益でした。

1マーチン設定で2回負けると1敗が-3000円×2敗なので6000円の損失つまり、トータルで-400円となります。

上記はあくまで例です。8連勝がすべて1マーチン勝ちということはあまり無いかもしれません。8連勝で止める、または1敗した時点で止めれば利益は出ます。ただ、2連敗スタートの場合はどうでしょうか?恐くてこれ以上稼働出来ませんよね。

死神が向いている人

  • バイナリーオプションの1分足もしくは5分足トレードに興味がある
  • 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い
  • バイナリーオプションを無裁量で行いたい
  • 勝率60%でもトータルで勝てるなら気にしない
  • マーチンゲールを使っていない事を評価する
  • LINEサポートを希望する
  • バイナリーオプションでマーチンができないのが嫌だ
  • 購入前にトレードロジックが完全に分からないと納得できない
  • 勝率60%程度では納得できない
  • バイナリーオプションが嫌い

評価: (高評価) 過去にも高評価のバイナリーオプションツールを販売していた開発者がリリースした最新バイナリーオプション商材。以前の自由な設定が可能なツールとは真逆のパラメーター固定したツールで通算勝率60%程度を狙いトータルで勝ちを目指すツール。

ユーロドルで10年間トータルで勝率60%の実績がある完全無裁量ツール。マーチンゲールを使っていない事も含めて極めて現実的なツール。

現在、最新バージョン(v3)の福猫バイナリーツールを販売しています(まもなく値上げの予定)。 [sitecard subtitle=福猫バイナリーツール購入記事 url=https://kuroda-yuusuke.com/fukunek[…]

福猫バイナリーツール:インジケーターのパラメーター

福猫バイナリーツールが販売中ですが、この記事ではシグナルを元にしたトレード検証結果を紹介します。 裁量部分はごく一部ですので、ほぼ無裁量でトレードが可能です。 福猫バイナリー 評価:[star-li[…]

エリオット波動で利大損小!相場の原理原則インジケーター

エリオット波動で利大損小!相場の原理原則インジケーター

初心者が難しいと敬遠しがちなテクニカル分析の「どこまで動く?」の知見をインジケーター化し、

事前に一貫した手仕舞いポイントを裁量トレーダーに提供します。

蓄積することで、結果として裁量トレードがドンドン勝ちやすくなっていきます

結果が出ていない裁量トレーダー達へ今を変える新発想のインジケーター

ポジションを取ってみたものの・・・

だからといって、勉強をしようとしても・・・

仕事で疲れてしまって
続かない

時間が無い
覚えられない

今までインジケーターを試してみたが・・・

どうもしっくりこない

やっぱり、システムより裁量で勝負したい

相場の原理原則インジケーターは

期待に応えることが可能です。

全く知識がない人でもこの相場、どこまで動く?がわかるようになるその理由

初心者でもワンクリックで有名トレーダー並みの尺度で目標値がわかる!

移動平均線やRSI、MACDといった

テクニカル指標のことではありません

テクニカル指標はテクニカル分析の中の

ほんの一部にすぎません。

テクニカル分析=テクニカル指標と考えている方だと思います。

テクニカル分析の中でも最も重要度が低いと私は考えています。

チャート分析では、テクニカル指標は、ほとんど登場しません

私は迷いなくエリオット波動と答えるでしょう。

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い
エリオット波動理論とは ラルフ・ネルソン・エリオットさんが提唱した 相場のサイクル理論のことで、上昇トレンドの場合 1サイクルで上昇5波下降3波の8波で構成される という波動理論です。

<エリオット波動のイメージ図>

エリオット波動の原理原則①

エリオット波動の原理原則②

エリオット波動の原理原則③

●トレードは第3波を狙うことが効率的だな。

●第3波を狙う場合のロスカットは、第1波の始点だな。

●第1波高値は、第3波発生後は、サポートとして機能するな。

といった相場の値動きのリズムが事前にわかるようになったり、

また、ある程度、どう動くか、どこまで動くかという尺度も持つことができます。

ザラ場中の銘柄の値動きを的中させまくっていました。

エリオット波動理論の波動のリズムの法則性を、

偶然、発見し、熟知していたからです。

偶然発見したようなエリオット波動の法則性で、

どのくらいのレベルで値動きがわかるのか?

ドルウォンでエリオット波動第3波を予想

ドルウォンでエリオット波動第5波を予想

動画投稿後のドルウォン日足チャート

確かなロジックで数々の予想を的中

値動き予想ロジックを目の当たりにした視聴者の反応

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い

ワンクリックでチャート上にアウトプットできる

ツールを開発しました。

歴史的な原油先物相場もワンクリックで的中

エリオット波動だけでなく、フラッグやペナントなどのチャートパターンの目標値やフィボナッチリトレイスメントもアウトプットすることが可能です。

Beast+(ビーストプラス)FX自動売買ツール(EA)リリース!ビースト+proとの違いは?

FX Beyond(FXビヨンド)の評判や口コミ。出金は大丈夫? 最近日本でも注目を集めている海外FX会社の「FX Beyond(FXビヨンド)」。名前は聞いたことがあるけど、どんなFX会社なのか?他の.

ビースト+(Beast+)の特徴や旧ビースト1からの変更点

ビースト+(Beast+)の特徴

Beast+(ビースト+)の「Beast」は、直訳すると 「野獣」 です。ガツガツと攻めていく野獣の様子をイメージして名付けられています。

攻撃力が高いだけでなく相場に合わせた優れた守備力も合わせ持っています。 相場の状況に合わせて最適なアルゴリズムが適用されるので、ナンピンEAでありながら、極力含み損を長く持たない運用を実現しています (相場が一方向に継続して動く場合は、一定期間ポジションを持つことはあります)。

ナンピンマーチン(ナンピンマーチンゲール) とは、そのナンピンを倍々のロットで行っていくトレード手法。相場によってはハイリターンを得やすいですが、その分一方方向の相場になったときには破綻リスクも大きくなります。運用資金が少ない場合には注意が必要です。 「ビースト+」は非マーチンのEAです 。

  1. 「今は下げ相場ではない」とEAが判断すると、ショート方向にエントリーを始めます。
  2. 上げ相場が続く間は、ショートポジションのエントリーを間隔をとりつつ続けます(最大15段まで)
  3. 相場が下げに転じ利益が乗ってくれば、 複数のポジションを一気に利確します

まさに 利益をガツガツ取りに行く圧倒的な攻撃力と、リスクを極力抑える高い守備力を同時に合わせ持つEA なんです。

ビースト1からのビースト+へパワーアップ!

Beast+はパワーアップ

ボックスレンジ とは、箱に納まっているかのごとく一定の範囲内で値動きが上下する状態のこと。 ボラティリティ は、価格変動の度合いをあらわします。

バックテストでもビースト+は右肩上がり

◆バックテスト画像【ドル円】

◆バックテスト画像【フラン円】

ビースト+は既存ビーストEAのリニューアル版ということもあり、バックテストの期間は短いものの、プロフィットファクター(PF)は、 2.03、2.62 と非常に高くなっています。

また最大ドローダウンも 30%程度 と、一時的には含み損が膨らむこともありますが、極力含み損を抑えたロジックになっています。

ビースト+(Beast+)はどれくらい稼げるの?

旧ビースト1の過去実績

ビースト+の実績をご紹介する前に、 既存(リニューアル前)の「ビースト1」のフォワード実績 をご紹介します。最近9ヶ月間の運用実績は次の通りです。

    裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い
  • 2020年10月 +550,491円(月利55%)
  • 2020年11月 +520,445円(月利52%)
  • 2020年12月 +369,734円(月利36%)
  • 2021年1月 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い +363,871円(月利36%)
  • 2021年2月 +221,349円(月利22%)
  • 2021年3月 +519.316円(月利51%)
  • 2021年4月 +335,153円(月利33%)
  • 2021年5月 +195,906円(月利19%)
  • 2021年6月 +427,708円(月利42%)

ビースト1の運用実績9ヶ月分

★実績画像はこちらです。クリックすると拡大します。

ビースト+(Beast+)の実績は?

ビースト+の月次実績

そしてリニューアルした 「ビースト+」 のフォワード実績も一部ですが掲載します。

  • 2021年8月 +441,481円(月利44,1%)
  • 2021年9月 +301,554円(月利30,1%)
  • 2021年10月 +236,668円(月利23,6%)
  • 2021年11月 +496,745円(月利49,7%)
  • 2021年12月 +405,247円(月利40,5%)
  • 2022年1月 +467,792円(月利46,7%)
  • 2022年2月 +491,811円(月利49,1%)

ビースト+ 2021年8月の運用実績 ビースト+ 2021年9月の運用実績 ビースト+ 2021年10月の運用実績 ビースト+ 2021年11月の運用実績 ビースト+ 2021年12月の運用実績 ビースト+ 2022年1月の運用実績 ビースト+ 2022年2月の運用実績

証拠金100万円 (ロット0.1稼働)の運用実績です。日によっても運用実績は変わりますが、週単位で見ると確実に利益をあげてくれてますね。8月2週目が飛び抜けて凄いですが、相場の状況によってはこのように大きな利益を出せるときもあります。 -->

Beast+(ビーストプラス)を使うメリット

ビーストプラスはサポート体制も万全!

Beast+(ビーストプラス)EAには、 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い BANDプラットフォームを利用した専用コミュニティがあります 。開発者と利用者がつながっているコミュニティで既に2000名以上の方が参加されています。

ビーストのBandの雰囲気1

★BANDコミュニティはこのような雰囲気です!

ビーストのBandの雰囲気2

「ビースト+」は入金ボーナス100%付与!

FX beyond100%ボーナス

今回、私からの指定リンクで「ビースト+」を申込み頂いた方には、 入金ボーナスが100%付きます (後述しますが、「ビースト+pro」は対象外です)。

  • 80万円入金すれば、160万円で運用できます。
  • 50万円入金すれば、100万円で運用できます。
  • 10万円入金すれば、20万円で運用できます。

実際の運用で使える入金ボーナスが「100%も」付与されるわけです。かなり凄いですよね?これは「FX beyond」の正式キャンペーンでは無く、 ここだけの非常にお得な特典です 。

ですので、指定リンク以外で口座開設してもボーナスは有効にならないのでご注意ください。
2021年11月22日まで です。また指定リンク以外で口座開設してもボーナスは有効にならないのでご注意ください。

入金ボーナス100%がつくのは通常版のビースト+のみです 。1111倍のハイレバレッジで利用できる 「ビースト+pro」にはボーナスは付きません 。また、通常版ビースト+の入金ボーナス100%についても、状況によっては早々と終了する可能性もあります。

FX beyondの2万円ボーナス

「口座開設20,000円ボーナスキャンペーン」 というもの。 2021年8月13日〜9月13日まで の1ヶ月間限定 ですが、FX beyondで口座開設すると、 2万円のボーナスクレジットが付与されます 。対象口座はスタンダード口座で、口座開設人数が多くなれば、キャンペーンの途中終了もあるとのことです(ビースト+はスタンダード口座です)。 個人的な思いとしては「期間限定入金ボーナス100%」をやっている最中のタイミングで時期が微妙なんですが、「ビースト+」を迷っていた方にとっては朗報でしょう。

  • 「入金ボーナス100%」は9月22日まで
  • 「口座開設ボーナス2万円」は9月13日まで(途中終了もあり得る)

最近の相場に合わせてチューニングされた、新しい「ビースト+」へ移行されることを強く推奨します 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 。 ただポジションが残っている場合はすぐには移行できないですよね?なので、ポジション整理を行いつつ、どこかでEAをとめて出金するかたちになるかと思います。その後、FX Beyondに入金、EAの設置を行います。 可能であれば、既存のBEASTと、新しいBEAST+を平行稼働して移行のタイミングを図るのもありですね。 取り急ぎ、入金ボーナス100%の特典の件もあるので、 FX Beyondの口座をまずは作っておくことをお奨めします (LINEで聞いていただければ、入金ボーナス付きの口座作成リンクをお伝えします!)。 -->

ビースト+(Beast+)とビースト+pro(Beast+pro)

ビースト+とビースト+proの違い

ビースト+(Beast+)は、2021年9月下旬より、目的別に 2つ に分類して提供できるようになりました。 システムの基本ロジックは同じ ですが、以下の違いがあります。

EAの名称 Beast+
(ビースト+)
Beast+pro
(ビースト+プロ)
最大レバレッジ 500倍 1111倍
100%入金ボーナス
(初回のみ)
あり なし

FX beyondの最大レバレッジはもともとは500倍。これでも十分ハイレバレッジですが、ビースト+発売後しばらくして、FXbeyondから 1111倍 の口座タイプが新たにリリースされました。

レバレッジが高いと何が良いか?というと、 同じ金額の取引をする場合に、より少ない証拠金(資金)で取引が可能になります。それだけ証拠金維持率にも有利ですし、ハイリターンが期待できますね 。FX beyondは追証なしの0カットシステム採用なので、その分ハイレバによるリスクも限定的です。

ビースト+とビースト+proのどっちがいいの?

基本的にはビースト+proを推奨

ビースト+はリリース後2ヶ月で千数百名の方に利用されているEA。ここにきて選択肢がもう1つできると、 「ビースト+」「ビースト+pro」どっちがいいの? と思われる方もいるでしょう。

→ レバレッジの高い 「ビースト+Pro」 で始められることを推奨します。

→ レバレッジの高い 「ビースト+Pro」 で始められることを推奨します。

そのまま「ビースト+」を運用してください。そして出金したら、ビースト+Proへの乗り換えを検討してみてください。 FX beyondは少しでも出金すると、ボーナスが全て消滅するため、ボーナスのメリットが無くなります。であれば、よりハイレバのビースト+Proの方がハイリターンを得られます。

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い

トレード画面のスプレッド表事例

上は GMOクリック証券 の注文画面で、画面上部の青枠が「BID(売値)」、赤枠が「ASK(買値)」です。

その間にある「 SP 0.2 」が現在のスプレッドです。

GMOクリック証券 は、スプレッドが一目でわかる仕様ですが、一部の会社ではスプレッドを表示せず、売値と買値を自力で計算させる仕様もあります。

スプレッドの計算方法

次にスプレッドのコスト計算方法です。

【1万通貨を手数料0.2銭でトレードした時のコスト】

10,000通貨 × 0.002円(スプレッド) = 20円

スプレッドが引かれるタイミング

スプレッドってどのタイミングで引かれるの?

実際にコストとして金額が引かれるタイミングは 決済注文のタイミング です。

スプレッドの違いでどれだけ年間コストが違うのか?

手数料でどれだけ損する?

スプレッドの違いで、年間コストはどれくらい変わるの?

質問の具体的な答えを出すために、米ドル/円を1万通貨スプレッド0.2銭1銭年間50回トレードした時のコストを比較してみましょう。

【1万通貨をスプレッド0.2銭で50回トレードした時の総コスト】

0.2銭(スプレッド) × 10,000通貨 × 50回 = 1,000円

【1万通貨をスプレッド1銭で50回トレードした時の総コスト】

1銭(スプレッド)× 10,000通貨 × 50回 = 5,000円

この後でも触れますが、特に短期トレード中心のトレードを考えている人は、スプレッドが狭い(安い)会社を選びましょう。

短期トレードはスプレッドに要注意!

デイトレードとスキャルピングは低スプレッド

短期トレーダーは必ず最狭水準スプレッドのFX会社を選びましょう。

スプレッドは取引回数が多くなるほどコストが高くなるため、取引回数勝負の短期トレーダーはできるだけ安い会社を選ばないと損をします。

短期トレーダーは、1日以内に取引を終えるデイトレードや、数秒や数分で終えるスキャルピングをメインとしているトレーダーです。

逆に日をまたぐスイングトレードや数ヶ月単位の長期トレードがメインの長期トレーダーは、取引回数が少ないためスプレッドの影響は小さいです。

コストの違いがイメージできるように、スプレッド1銭年間5回の長期トレーダーと年間100回の短期トレーダーを比較してみましょう。

【1万通貨を手数料0.2銭で5回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料) × 10,000通貨 × 5回 = 500円

【1万通貨を手数料0.2銭で100回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料)× 10,000通貨 × 100回 = 10,裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 000円

短期はスプレッドを重視し、長期の場合は手数料よりも金融経済ニュースの豊富さ取扱通貨ペア数など別の要素で会社を選びましょう。

スプレッドで会社を選ぶ時のポイント

手数料で会社を選ぶポイント

ポイントは、スプレッドが業界最狭水準であるか原則固定方式であるかの2点だけです。

米ドル/円 = 0.2銭以下を目安にしよう

米ドル/円のスプレッドを 0.2銭以下 に設定している会社を目安にしましょう。

なぜなら、0.2銭は国内最狭水準で十分狭いスプレッドです。

米ドル/円を0.2銭に設定している会社は、相対して他の通貨ペアも安く設定している傾向があります。

原則固定制を採用しているFX会社を選ぼう

原則固定を採用しているFX会社 を選びましょう。

理由はスプレッドが安定しているからです。

スプレッドの値を決める方式は、会社ごとに異なり国内では原則固定制変動制の2種類あります。

原則固定制は、FX会社が設定しているスプレッドが原則固定される方式で、スプレッドが安定しており初心者向けです。

変動制は、為替レートの値動きに合わせてスプレッドが変動する方式で、常にスプレッドが変動しているため、取引タイミングを計るのが難しく上級者向けです。

ただし原則固定制は「原則」とあるように、常時固定ではなくスプレッドが変動する時間帯があります。

変動する時間帯は、取引が停滞する早朝指標発表などのイベント発生時が多く、これらの時間帯は通常よりスプレッドが広がりやすい傾向があります。

FXで儲けるなら自動売買!儲かる仕組み、利益が安定する稼ぎ方とは?

ノウハウ

安定した収入 」と言えば、どのようなものを連想されるでしょうか?

これらとは対象にFXはお金を稼げる反面、 失うリスク も伴うため、ギャンブル的な印象をお持ちかもしれません。

しかし適切な運用手法・考え方・知識が身についていれば、 FXは安定した収入源 の1つとなります。

FXは安定しない?本当の勝ち方は?自動売買と裁量の違い

裁量FXの特徴

  • 多くのモニターを並べて、チャートに張り付く
  • レート値が上がるか、相場を監視して予測する
  • 一発逆転で大儲けのチャンスがある
  • 失敗すれば借金を抱えて退場
  • ギャンブル なので凡人では勝てない

また素人であっても短期間で 100万→1000万 に増やす人も少数います。

しかし一発逆転を狙った刹那的な稼ぎ方では、 長期的に稼ぎ続けることは不可能 です。

FX自動売買とは?

FX自動売買の特徴

しかしそれらを補える安定性という大きな武器があり、100万円の運用で、月に1〜2万円の利益を挙げるのは十分に可能です。

1回の設定で長期的に利益を上げ続ける、 その特徴においてFX自動売買は不動産投資と共通するものがあります。

FX自動売買のメリット

FX自動売買と不動産投資の儲かる特徴

不動産投資とfx自動売買の関連性

  • 初期にお金を投じて物件を用意 ⇄ 初期に運用資金を投じてfx自動売買を設定
  • 時間をかけて家賃収入を得る ⇄ 時間をかけて決済収入を得る
  • 得た利益で新規物件を追加 ⇄ 得た利益で新規設定を追加

リスクは時間をかけて希釈し、運用を長期で捉え、 最終的には大きくプラスにする戦略と言えます。

FX自動売買で失敗する人の特徴

FX自動売買で安定して確実に稼ぐやり方・手法について

投入資金は多めに用意し、強制ロスカットリスクを減らす

画像の赤枠は2019年1月3日に発生した、瞬間的な暴落で通称「フラッシュクラッシュ 」と呼ばれるものです。

安定して稼ぐには、長期運用を重視

先ほどから再三申し上げている長期運用の重要性は、為替レートの7割は「レンジ相場」で形成されているからです。

レンジ相場

一度掴んだポジションが逆行しても、長期的に見れば値が戻ってくる可能性は高く、レート値が下がったところでポジションを買い増しする「ナンピン」と非常に相性が良い組み合わせです。

このようにFX自動売買を相場に組み込むことで、自動で売買を繰り返し、 積み上げた利益は最終的に原資を上回ります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる